音楽ストリーミングならアーティストは楽曲のヒットがわかる!!

App

音楽ストリーミングならアーティストは楽曲のヒットがわかる!!

投稿日: コメント (0)


Apple Musicにおいて「アーティスト用のページがテスト公開された」とBillbordが報じました。これは自分の楽曲がApple Music内でどのように聴かれているのかわかるもの。Spotifyは同様の機能を既に提供してます。アーティストが直接、ファンの動向を知ることができる時代となりました。

スポンサーリンク

「Apple Music for Artists」リリース

Appleのアーティスト用ページは2015年にApple Musicが開始されて以来の再生回数、放送回数、楽曲購入数、アルバム購入数がわかるようになっています。また、世界地図をクリックすると、特定楽曲が再生されている場所やユーザー層を都市レベルまで見ることができます。

アーティスト用ページイメージ

これはベータ版として一部のアーティストのみに公開されており、テストを終えると今年の春には全てのアーティストに公開される予定です。

先行するSpotifyのアーティストページ

アーティスト用ページ

同様の機能は既にSpotifyで提供されており、アーティスト専用のアプリまであります。そしてファンがSpotifyのどのような機能を使って再生しているのかがわかり、今後のプロモーションやアーティスト同士のコラボレーションなどに役立てることができます。

さらにSpotifyはもう一歩踏み込んでいます。例えば先進的な試みに積極的なバンド「Gorillaz」をみてみましょう。アーティストページはこのようになっています。

Gorillazページ

下にスクロールすると、自らの楽曲のプレイリストを作っているだけでなく、自分たちが「イケてる」と思うプレイリストまで公開しています。

プレイリスト

一番下には「アナログ盤」を買えるリンクがあり、DJやトラックメイカーへ向けた広がりまで感じられます。もちろんHi-Fi音源としても利用できるでしょう。

グッズリスト

セルフプロデュースの時代が到来か

筆者が最近の邦楽について感じることは、メジャーレーベルが「売れないCD」を作っているということ。CDというパケージが古いこともありますが、ファーストアルバムで売れてしまうと、セカンドアルバムを「大衆向け」にしてしまうのです。これで幾度がっかりしたかわかりません。

しかしまだ音楽は生きています。少し前からYouTube発のトラックメイカーが自身でレーベルを立ち上げセルフプロデュースするという流れが生まれてきました。Apple MusicやSpotifyがアーティストへ情報提供することは、この流れを加速させるでしょう。

最近では「宇多田ヒカル」の楽曲が提供開始されるなど、音楽ストリーミングサービスの流れは大きくなっています。レーベルよりアーティストの力が強くなれば、アーティストの考える音楽が表現され、それをファンが聴く、ダイレクトな繋がりが待っているのではないでしょうか。

参考URL:TechCrunch

-App -,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加