iPhoneで日時を指定してメールを後で送る方法

誰かの誕生日にメールを送りたいのだけれど、覚えておくのが面倒……。そんなことはないでしょうか。iPhoneのメールに送信時間を設定する機能があればいいのですが、残念ながらありません。今回は2種類のアプリで日時を指定して送る方法を解説します。

スポンサーリンク


多機能メールアプリ「Spark」を使って日時指定する

まずご紹介するアプリは「Spark」という多機能メールアプリです。このアプリの「タイマー送信」機能だけを使ってメールを送信します。

メールを日時送信する事前設定

まずApp Storeで「Spark」を検索してインストールします。

App Store

インストールして「Spark」を開くと説明が表示されます。「スキップ」で飛ばしてしまいましょう。

スキップ

使いたいメールアドレスを入力して、利用規約にチェックマークを入れたら「次へ」を押します。

次へ

GmailのアドレスであればこのようにGoogleに問い合わせがされるので「続ける」を押します。他の種類のメールアドレスであれば画面に出てくる通りに操作してください。

続ける

Gmailのアカウントを選択します。

アカウント選択

「Spark」で送信できるようにアプリを「許可」します。

許可ボタン

メールアドレスが設定されます。

メールアドレス設定

多機能メールアプリ「Spark」で日時を指定して送信する

事前の設定が終わったら「メール作成」のボタンを押します。

メール作成

宛先と題名、本文を入力して、時間指定のメール送信はこのボタンを押します。

タイマー送信

すると時間を設定できます。

時間設定

メール送信時間が設定されるとアイコンが青くなるので送信ボタンを押します。

送信ボタン

これですぐに送信されることなく、指定した時間に送信されます。

設定完了

アプリを立ち上げておく必要はなく、自動でその時間にメールを送ってくれるので便利に使えるでしょう。

スポンサーリンク

「Gmail」のメールアプリを使って日時指定する

もしGoogleのメールアドレスだけを使っているなら、Gmailアプリを導入するのが一番便利かもしれません。Gmailの機能をフルに使えますし、日時を指定したメール送信もできます。

Gmailアプリを使う方法は動画でも解説しています。

iPhoneで日時を指定してメールを送る方法!

Gmailアプリをインストールする方法

App Storeで「Gmail」と検索してアプリがみつかったら「入手」を押します。

App Store

Gmailのアプリを開くと「ログイン」ボタンがあるので押します。

ログインボタン

アカウントの追加から「Google」を選択します。

アカウント追加

Gmailのメールアドレスを入力します。

メールアドレス

Gmailのパスワードを入力します。

パスワード

これで準備は完了です。

Gmail画面

Gmailで日時を指定してメールを送る方法

日時指定でメールを送るためには「作成」ボタンを押します。

作成ボタン

メールを作成したら「・・・」メニューボタンを押します。

メニューボタン

「送信日時を設定」を押します。

送信日時を設定

「日付と時間を選択」を押します。

日付と時間を選択

メールを送信したい日時を指定して「保存」を押します。

保存ボタン

すると日時指定のメールを送ることができます。

設定完了

Gmailアプリは終了しておいても自動でメールが送られます。これで重要なメールを忘れることなく送ることができますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました