iPhoneで日時を指定してメールを後で送る方法

誰かの誕生日にメールを送りたいのだが、覚えておくのが面倒……。そんなことはないでしょうか。iPhoneのメールに送信時間を設定する機能があればいいのですが、残念ながらありません。今回ご紹介するのは「Spark」というアプリを使って日時を指定してメールを送る方法。これで送信を忘れる心配はなくなります。

スポンサーリンク

多機能メールアプリ「Spark」の事前設定

ご紹介する「Spark」はiPhoneのメールアプリの代わりに使う多機能メールアプリです。このアプリの「タイマー送信」機能だけを使ってメールを送ります。まずは事前設定。App Storeの「Spark」をインストールします。

インストールしたら「Spark」を開き、「はじめる」をタップします。

はじめる

このアプリはMac版もありますので、それと同期するかを選択します。とりあえず、次へをタップすればいいでしょう。

同期設定

今回はメール送信機能だけを使うので、通知は「許可しない」をタップします。もしもこのメールアプリをiPhoneの「メール」アプリとして使うのであれば、許可でもいいと思います。

通知設定

連絡先へのアクセスは「OK」をクリックします。これで送信先を選ぶのが楽になるでしょう。

連絡先設定

そしてメールアドレスのログイン設定をします。Gmailであればこのようにします。

Gmailの設定

Gmail側でアプリのアクセスを許可するか問われますので、「許可」をタップします。

アクセスの許可

「Spark」からの通知はオフにしておきます。

通知設定詳細

これで準備は完了です。

設定完了

スポンサーリンク

iPhoneで日時を指定してメール送信する

iPhoneに最初から入っている「メール」アプリと操作はほとんど同じです。メールを作成したら「タイマー送信」ボタンをタップします。

タイマー送信

するといつ送信するのか選択できます。今回は誕生日に合わせて送りたいので、「日時を選択」をタップします。

日時を選択

メールを送信する日時を設定します。誕生日になったらすぐ送信するように設定してみます。

日時設定

そして「送信」ボタンをタップします。

送信予約

これで指定した日時にメールが送信されます。アプリを立ち上げておく必要はありません。その時間になったらメールを送信してくれます。このアプリは他にもメールを便利にしてくれる機能がありますので、メインのメールアプリとして利用するのもいいかと思います。