【Youtube】動画をスキップ!簡単に早送り&早戻しする方法

Youtubeのコンテンツが充実してくると、見たい動画がたくさんあって困りますよね。それでも、限られた時間の中で効率的に動画を見たい人も多いはずです。そこで、今回はYoutubeの動画を簡単に早送り&早戻しスキップして視聴する方法をスキップする秒数の設定方法まで細かく紹介していきます。記事の最後には実際にスキップする様子と設定方法まで解説する動画も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク


Youtubeで簡単に早送り&早戻しスキップする

 

Youtubeでで簡単に早送り&早戻しスキップする方法は「動画をダブルタップするだけ」です。たとえば、早戻ししたければ動画の左側をダブルタップします。早送りしたければ動画の右側をダブルタップです。これだけで動画をスキップすることができます。簡単ですね。

ちなみに、これはYoutubeのアプリで使える裏技ですので、SafariやGoogle ChromeなどのブラウザでYoutubeを見るときはスキップボタンを利用してください。

 

スポンサーリンク

スキップ間隔を調整したい場合

スキップする間隔(秒数)を調整することも可能です。Youtubeのマイページを開きましょう。

マイページが表示されたら、「設定」をタップします。

「ダブルタップで移動」という項目があるのでタップします。

ここで、ダブルタップでどのくらいの秒数をスキップするのかを選択します。細かくチェックしていきたいときは5秒か10秒が適切でしょう。

設定の流れや実際のスキップ状況を確認したい場合は次の動画を参考にしてみてください。

【動画で解説】【スマホ】YouTubeの動画をスキップして早送り・早戻しする方法!!

Youtubeの動画を効率的にチェックしよう

動画によっては前置きが長くなかなか本編に入らないようなものも見受けられます。そういうときは、スキップすることで目当ての情報に早くたどり着くことができるでしょう。