世界一簡単な「Tik Tok」の使い方と練習方法!オリジナルソングの作り方も!

App

世界一簡単な「Tik Tok」の使い方と練習方法!オリジナルソングの作り方も!

投稿日: コメント (0)


ショートムービーを投稿するSNS「Tik Tok」が10代を中心に流行しています。しかし、いざ始めるとなると何から手をつけていいのかわからないかもしれません。ここでは使い方と動画の作成方法、練習する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

「Tik Tok」を観るだけなら簡単

アプリをダウンロードして開くと、まず「おすすめ」画面が表示されます。画面を上にスワイプすると、次々におすすめの動画が表示されていくので、観るだけなら簡単です。

おすすめ画面

画面をダブルタップすると「いいね!」を送ることができます。

いいね!

共有をタップすると、LINEやTwitterにシェアしたり、動画を保存することができます。

共有ボタン

「おすすめ」を観ていると、だいたい流行しているものがわかります。これはTik Tokの運営が企画しているものや、ユーザー間で盛り上がっているもの。執筆時点では、手を使った振り付けと、ステップダンスが流行していました。

流行動画

実際に「Tik Tok」で動画を作ってみる

動画を作ってみます。しかし、何を作ればいいのか。先に書いたように、「Tik Tok」は流行の動画をコピーして自分もやってみるというユーザーが圧倒的に多くなっています。そこで流行をコピーしてみましょう。動画の下部にはBGMの曲名が書いてあります。これをチェックしておきます。

曲名チェック

動画を投稿するには、画面下部にある「+」ボタンをタップします。

動画作成ボタン

すると様々なジャンルから曲を選択する画面になります。ここで、先ほどチェックしておいた曲名を検索してみます。

曲名の検索

検索結果に曲名が並びますので、「⭐︎」をタップして「お気に入り」に曲を保存しておきます。最下部にある「取り消し」をタップすると最初の画面に戻ります。

お気に入りボタン

最初の画面に戻ったら「お気に入り」をタップしてみます。先ほど保存した曲があります。曲をタップすると「確認して撮影を始める」という項目が現れますので、それをタップします。

撮影を始める

画面下部に「長押しで撮影」と「クリックで撮影」という選択肢があります。クリックで撮影すると両手がフリーになるので良いでしょう。時計マークの「カウントダウン」というボタンも役に立ちます。クリックしてから3・2・1で準備して撮影が始まります。

撮影画面

そして流行の動画をマネするわけですが、これには練習が必要です。それはあとで説明するとして、ここでは使い方を紹介します。撮影が終わると動画の編集画面になります。「特殊効果」を使って面白い動画を作るのも良いでしょう。ここでは何も加工せず「次へ」をタップします。

次へ

タイトルを入力する画面となりますので、動画のタイトルを入力します。他のSNSのようにハッシュタグ「#」を入れておくと、注目されやすいかもしれません。その下に「公開」という設定があります。「非公開」で練習用に保存しておくこともできます。「投稿」ボタンで動画がアップロードされます。

投稿画面

動画のアップロードが終了すると画面上部にアナウンスが表示されます。これで作成完了です。

投稿完了

筆者も試しに、流行などは無視して動画を作成してみました。「2倍速」モードで撮影し、「70s」という特殊効果をかけています。それっぽくなったのではないでしょうか。音に注意してください。

流行動画の練習を簡単にする方法!

さて、動画の作成方法はお伝えした通りです。あとは動画を撮るわけですが、流行のダンスなどをコピーするにはやはり練習が必要です。執筆時点で流行している振り付けをみてみましょう。この動画は「Tik Tok」で再生中に「共有」ボタンをタップし、「アルバムに保存」でiPhoneに保存してあります。

速い。とても覚えられません(少なくとも筆者には…)。そこでこの動画をスロー再生に加工します。「iMovie」というApple製のiPhoneアプリが無料でありますので、それを使います。iMovieを開いたら、「+」をタップして新規プロジェクトを作成します。

プロジェクト作成

ムービーをタップして、動画の作成モードに入ります。

動画作成

練習したい動画を選択して、「ムービーを作成」をタップします。

動画選択

動画の編集モードになったら、動画のコマをタップします。

動画をタップ

そして「時計マーク」をタップして、「再生速度」のスライダーを左に動かします。これで8分の1まで速度を遅くすることができます。そして再生ボタンを押してみましょう。

スロー再生

するとこのように超スローの再生ができます。これなら(筆者でも)覚えられそうです。

他に流行っている動画のダンスステップを見てみましょう。

これも少しわかりません。そしてスローにしてみると……。

1、2、3、4の2と4で足を戻す際に、軸足を入れ替えていることがわかります。コピーするだけであればスロー再生だけでもなんとかなると思います。これはダンスのステップですので、YouTubeなどで勉強すると、もっと高度なステップもできるでしょう。

流行の動画は「簡単にできそうだけれどできない」というところがポイントになっているようですので、ちょっと練習は必要になってきます。スロー再生で覚えて、練習してみてください。

応用編:オリジナルソング(サウンド)の作り方

オリジナルソングの作り方はいろいろあります。音声を録音して編集してもいいのですが、ここではREMIXをしてみたいと思います。まず、RIMIXして音源を作ります。

リミックス

そして、音源をiPhoneの「iMovie」に転送します。筆者はAirDrop機能を使って転送しました。そして適当な画像などを入れて動画にします。

動画作成

動画ができたら、「大 – 540p」で書き出します。

動画書き出し

そして「Tik Tok」の動画作成画面で、「アップロード」をタップし、先ほど作成した動画をタップします。

アップロード画面

動画の編集は特に必要ないので、「次へ」をタップします。

動画編集画面

次の画面でボリュームなどを微調整します。

ボリューム調整

微調整が終わったら「次へ」をタップします。

次へ

そして適当な名前をつけて公開します。

動画公開

実際に動画を観てみると、使っているソングの部分が「レコード」になっています。これはTik Tok側で処理をしていて、まだ動画で使える形になっていません。しばらく時間がかかります。

サーバ処理中

ちなみに、上記の動画はいつまで経ってもオリジナルソングが利用可能になりませんでした。おそらくタイトルにアーティスト名が入っており、著作権に問題があったものと思われます。

タイトルを変更したところ「レコード」だった部分が「アイコン」になりました。これで、オリジナルソングとして使えるようになったことがわかります。

ソングアイコン

そのアイコンに変化したボタン(くるくると回っている)をタップすると、このような画面になります。オリジナルソング(サウンド)が誰に使われているのか、わかるようになっています。今は自分しか使っていません。「撮影」ボタンをタップします。

オリジナルサウンド画面

すると、オリジナルソング(サウンド)を使った撮影が始まります。これで自分の使いたい曲を使うことができるようになりました。

撮影開始

Tik Tokで使われている曲のほとんどが、原曲を早回ししたようなオリジナルサウンドになっています。今回使えるようになったオリジナルソングは、原曲を早くして、音程をあげたものに、別のアーティストの曲を重ねてリミックスしてあります。参考にしてみてください。

-App -

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加