大きく動き出した「LINE」。ウォレットタブやLINE Pay、次世代コンビニなど。

App

大きく動き出した「LINE」。ウォレットタブやLINE Pay、次世代コンビニなど。

投稿日:2017年6月18日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

LINEが開催した事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」で、数々の新機能やリニューアルが発表されました。その中でも特に大きなものとして、LINEが電子決済の中核を目指している動きがあります。その動向をお伝えします。

スポンサーリンク

LINEに追加される「ウォレットタブ」

LINEウォレット

現在の「その他(…)」タブが「ウォレットタブ」タブへと2017年内に全面リニューアルされます。全ての商品購買や決済時の入り口になることを目指していて、「LINE Pay」をはじめ、オンライン・オフラインを問わず、様々なショップのポイントカード、クーポンを集約して管理するものです。

特に「LINE Pay」には力が入っており、「ウォレットタブ」のメインに持ってくることからも、その意気込みが感じられます。LINE Payは現状でも様々な実店舗で利用できるようになっているものの、それほど存在感は感じられません。しかし、取り組みは野心的で次世代コンビニまでも視野に入っています。

ファミリーマートとの提携

LINEとファミリーマート、伊藤忠商事が提携し、LINEのクラウドAIプラットフォームを活用した「次世代コンビニ」を推進していくと発表しました。

アメリカでは「Amazon GO」がAI技術を用いて、消費者が商品をバッグに入れ、店を出るだけで決済が完了する店舗を実際に稼働させています。これに対抗しようと、ファミリーマートを同じような仕組みでレジ待ちを不要にするものです。

決済方法として「LINE Pay」が中核的な役割をこなします。コンセプトでは、入店時にスマートフォンをかざしてユーザー認証を完了。店内にはいたるところにディスプレイがあり、ユーザーに応じて商品をレコメンドします。会計は画像認識で行われ、「LINE Pay」で決済が完了します。

Amazon GOとの違いは店員がいること。例えば「ファミチキがあと何分で売り切れるので、仕込みを始めてください」などとAIが店員をサポートします。

LINEのユーザーベースを活かせるか

LINEは月間アクティブユーザーが6,600万人以上とそのユーザーの多さが武器です。それを活かせば、個人決済の分野で大きな成功を収められるかもしれません。対抗として「Apple Pay」が挙げられるでしょう。しかしLINEはiPhoneでもAndroidでも利用できる強みがあります。

QRコードでの電子マネー決済が主流となっている中国から見ると、いまだに現金で決済している日本は奇妙に見えるようです。これから日本も電子決済へシフトしていくと考えられますし、LINEが動き始めた行く末がどうなるのか、注目が集まります。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-App
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

丸ボケ写真

「Affinity Photo」はiPad Photoshopの代替として充分すぎる。

写真加工アプリとしてのPhotoshopは業界でのスタンダードであり、そのフォトショマジックは驚くべき加工能力を持ちます。今回紹介する「Affinity Photo」はPhotoshopの代替ができる …

clips2

iPhoneにしゃべるだけで字幕がつけられるアプリ「Clips」、スタンプも簡単に貼れる!

AppleはiPhoneで動画をみながらしゃべるだけで字幕を追加できるアプリ「Clips」を発表しました。字幕だけでなくスタンプや、その他のエフェクトも簡単操作で追加できるアプリになっています。4月上 …

「LINE災害連絡サービス」災害時、簡単に連絡を取り合えるサービスをLINEが提供開始

LINEが災害時に連絡を取り合えるサービスを提供開始しました。昨年の熊本地震では日本国内のトークが倍になるほどのメッセージがやり取りされることに。これを受けて、災害時に簡単に連絡を取れる手段を提供した …

出品査定

「メルカリ メゾンズ」ブランド査定付きフリマアプリが登場!

そのユーザー数から、今や「メルカリ経済圏」などという言葉もあるフリマアプリ「メルカリ」が、その姉妹アプリとしてブランド品特化フリマアプリ「メルカリ メゾンズ」をリリースしました。ブランド品の写真で売れ …

ポイント説明画面

「LINEショッピング」がグランドオープン!その狙いは何なのか…?

6月15日から「LINEショッピング」がオープンしました。有名アパレルブランドの商品が15%のポイント還元というキャンペーンが行われています。還元されるのはLINEポイント。なぜ今、LINEショッピン …