LINEメッセージの「誤爆」を取り消しできるようになる予定!

App

LINEメッセージの「誤爆」を取り消しできるようになる予定!

投稿日: コメント (0)


LINEはトークで送ったメッセージを取り消しできる「送信取消」機能を2017年12月以降に実装すると発表しました。機能提供時点での取り消し対象は「24時間以内」に送信したメッセージとなる予定で、その後ユーザーの反応を見ながら調整していくとのことです。

スポンサーリンク

LINEメッセージの誤送信は多い?

誤爆調査

LINEがいわゆる「誤爆」に関する動向を調査した結果によると、実に83%のユーザーがメッセージの誤送信をしたことがあるようです。一番多い誤送信が「誤字脱字があるメッセージを送ってしまった」。続いて「作成途中のメッセージを送ってしまった」「意図しないスタンプを送ってしまった」。このあたりはよくある出来事なので問題はなさそうです。

しかし、4位の「メッセージの送信先を間違ってしまった」と、5位の「意図しない画像動画ファイルを送信してしまった」は、大きな間違いになりそうです。このようなメッセージは取り消ししたいと強く思うでしょう。

誤送信した場合にとる行動

「LINEでメッセージを誤送信したことに気づいた際、どのような行動をとりますか?」という設問に対しては、「すぐ謝る」が57%と過半数を超えていて、「間違えたことに呆然とする」が2位になっています。呆然とするほどの間違いであれば……

おそらく多くのユーザーが望んでいる

これほど間違って送信したユーザーが多いということは、「送信取消」機能が欲しいユーザーも多いとみられます。実装は12月以降となる予定。これからは安心してメッセージを送れるようになりそうです。

参考:LINEメッセージの誤送信に関する意識調査(調査方法:LINE公式アカウント「LINE チーム」 Research Platform を利用したスマートフォンによるモバイルアンケート、調査対象:LINE ユーザー男女、最終有効回答数:8,577 サンプル、調査期間:2017年11月10日〜12日)

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-App
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

jmty2

面倒な登録なしにすぐに売買などができる「ジモティー」。使ってみた結果、驚くほどの簡単さ!

地元の人たちと簡単にものの売り買いしたり、あげたりできるアプリ「ジモティー」。面倒な登録なしに、ということなので、そんなに簡単に取り引きできるものなのかと、使ってみました。その使用感をお伝え致します。 …

コミュニケーションツールにもなっている動画サービス

YouTube等の動画投稿サイト、HuluやNetFlix等の動画配信サービス、そしてAbemaTVに代表されるインターネットテレビと、スマートフォンやタブレットでも利用できる動画サービスは非常に身近 …

ビューティー機能

LINEトークルームの「カメラ」が進化!フォトショで伝えてみる

Android版では数日先にリリースされていましたが、本日、iPhone版でもLINEのトークルームで使える「カメラ」の機能が大幅に強化されました。別のアプリとして「LINEカメラ」がありますが、そこ …

LINE SMART PARTY

LINE広告で毎月40ポイントを貰える方法

LINEが広告を徐々に浸透させてきています。すでにタイムラインには広告が表示されるようになっていますが、トーク画面はある意味「禁断のエリア」とされてきました。LINEもLINE SMART PARTY …

SNS・コミュニケーションアプリのシェア動向。「SNOW」が若い女性に浸透。

ニールセンデジタルが、主要SNS・コミュニケーションアプリの利用状況について調査結果を発表しました。これはスマートフォンの行動分析サービス「Nielsen Mobile NetView」の2017年1 …