Wonder Door

拡張現実のアートに包まれる!ARアートiOSアプリ「Wonder Door」リリース

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円台!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

Wonder Door

ARが一般的に認知されるようになってから、だいぶ時間が経ちました。ポケモンGOを代表するAR技術を使ったアプリも登場し、ARは今や私たちの生活において特別なものではなくなっています。そんな中、ARアートをテーマとしたPaint & Viewerアプリ 「Wonder Door」が3月23日にリリースされました。

自分だけのARアートギャラリーを作れる

Wonder Door 桜

「Wonder Door」では、iOS端末のカメラを通してARアートを表示し、その中を歩くなど変わった体験ができます。また、iOS端末を動かして桜吹雪やパンダ、恐竜などのオブジェクトを好きな位置に配置することができ、自分だけのAR空間を作ることができます。将来的には他のユーザーとARアートを一緒に制作することが可能になる予定です。

スポンサーリンク

ARペイント機能で空間に絵を描くことができる

Wonder Door 絵

空間にオブジェクトを置くだけではなく、ペンと色を選んで、空間自体に絵を描くことができます。iOS端末を前後に動かすことによって奥行きを表現できる点を最大の特徴としています。空間に描いた絵はGPS情報と連動してサーバーに保存されるため、描いた空間や場所を24時間限定ですが、保存することができます。

また、ARペイントで描かれた内容は前述の通りGPS情報と連動しているため、自分以外の作者が描いた作品がある場所に行くことで、描かれた内容を閲覧することがことができます。

ARペイント機能は既存のアートと異なる方向性を持っているため、学生の教育活動に貢献できると考えられています。2018年は横浜美術大学と提携して、ARアートカリキュラムを予定されています。

未来性のあるアートアプリ

空間に絵を描くことが出来るこのアプリは、美術分野の新しい可能性を示していると感じます。近い将来、空間に絵を描くということが一般化すれば近代美術史に新しい一ページが刻まれることになるでしょう。Wonder Doorの今後が非常に気になります。

アプリのダウンロードはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー