音楽ストリーミングでアーティストはどれくらい収入があるの?稼げてる?

App

音楽ストリーミングでアーティストはどれくらい収入があるの?稼げてる?

投稿日: コメント (0)


Apple Musicイメージ

アメリカの連邦著作権委員会は「音楽ストリーミングサービスは、アーティストと音楽出版社に支払うロイヤリティを40%以上、引き上げる必要がある」と決定しました。これはアーティストにとって良い判定だと思いますが、現在はどの程度支払われているのでしょう。

スポンサーリンク

アーティストが1,000再生ごとに得られる利益

IiB(Information is Beautiful)が、アーティスト自身やその他の情報源から収集したデータを公開しています。これは「Apple Music」と「Spotify」「Youtube」について、1,000再生(ストリーミング)ごとに得られる利益を算出したものです。

まず、インディーズなどの「Unsigned Artist」は、このような利益になっています。

Apple Music:6.40ドル(約700円)
Spotify:3.80ドル(約420円)
YouTube:0.60ドル(約65円)
※いずれも1,000回あたり

そしてメジャーアーティストなどの「Signed Artist」はこのような利益です。

Apple Music:7.30ドル(約800円)
Spotify:4.40ドル(約480円)
YouTube:0.70ドル(約70円)
※いずれも1,000回あたり

そしてRIAA(Recording Industry Association of America)が、ニールセンなど調査会社から得た情報を元に算出した利益はこのようになっています。

Apple Music:12.00ドル(約1,300円)
Spotify:7.50ドル(約820円)
YouTube:1.50ドル(約160円)
※いずれも1,000回あたり

「Signed Artist」はアーティストや音楽出版社との契約で金額が決まりますので、日本にそのまま当てはめるのは適切ではないかもしれませんが、大きく異なる金額にはなっていないと思われます。

これを「稼げている」と言えるかどうか

冒頭にお知らせしたように、米連邦著作権委員会はこの金額を40%以上引き上げる必要があると考えています。つまりは「稼げていない」と言うべきでしょう。国際ソングライター協会のエグゼクティブ・ディレクターであるバート・ハービソン氏はこのようにコメントしています。

ソングライターは利益配分の引き上げが切迫して必要であり、(委員会の決定は)これにふさわしいものです。

Appleは昨年の夏に新しい音楽出版社との契約をする際、その利益配分を減らそうとしていました。その一方で、エド・シーランやレッドホット・チリ・ペッパーズ、ブルーノ・マーズなどのアーティストの配分は引き上げています。この動きにも変化があるでしょう。

アーティストの権利が守られる時代

Apple MusicとSpotify、Youtubeを同列に比べるのは適当ではありません。Spotifyは無料プランがありますし、YouTubeは広告収入でありそのユーザー数は非常に大きなものです。

いずれにしても、まだアーティストへの利益配分は不十分と言えそうです。現在、音楽ストリーミング市場は急成長の時期にあります。CDを買わなかった層が音楽にお金を使うようになり、スマートスピーカーも登場しました。今後、アーティストの権利が充分に守られる時代が待っていることを願います。

参考URL:MacRumors, MixMag

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-App
-, , ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

Twitterバナー

TwitterがフォロワーではないユーザーからのDMに承認機能を追加。

Twitterに機能追加がされました。アメリカでは既に実装されていますが、近いうちに日本でも実装される予定です。ユーザーがフォローしていない相手からのダイレクトメッセージをプレビューして「許可」するか …

iOS版「Gboard」が日本語対応!賢いグライド入力も!

多くのiPhoneユーザーが望んでいたGoogleの文字入力アプリ「Gboard」が日本語対応しました。特徴は入力画面から直接検索した結果を、キーボードからコピーして貼り付けられること。言葉で説明する …

「LINE災害連絡サービス」災害時、簡単に連絡を取り合えるサービスをLINEが提供開始

LINEが災害時に連絡を取り合えるサービスを提供開始しました。昨年の熊本地震では日本国内のトークが倍になるほどのメッセージがやり取りされることに。これを受けて、災害時に簡単に連絡を取れる手段を提供した …

アップデートが続くLINE!迷惑行為の対策強化!

最近、LINEのアップデートが続いていますが、中には迷惑行為への対策も含められています。今回のアップデートでは「知り合いかも?」に出てくるユーザーを「通報」できるようになりました。背景には増加している …

アプリ使用傾向のグラフ

スマートフォンユーザーは日常的に10個のアプリを使っていて、1ヶ月に30個のアプリを使うという調査結果。

App Annieの調査によると、スマートフォンユーザーは1日に9つ以上のアプリを起動していて、1ヶ月には30個のアプリを使っているという報告がありました。ユーザーがアプリに使う時間は年々増加している …