SnapType

アプリがディスグラフィア(書字障害)の子供を助ける時

学習障害の中に、ディスグラフィア(書字障害)というものがあります。これは紙に書かれた字を読むことはできますが、「書くことが苦手」という障害です。アメリカで、あるアプリがこの障害を持った子供をサポートしています。しかも簡単なアイデアで。

スポンサーリンク

セラピスト研修での出来事

小児科のセラピストAmberlynnさんはアイデアを思いついた時のことをこう話します。

わたしはセラピストの資格を取るために小学校で卒業研修をしていました。その時、ひとりの少年と出会います。彼はディスグラフィアでした。手で文字を書くことが苦手だったのです。そのため自分で書いた文字を読むこともできませんでした。

そのとき考えました。
「どうすればこの子をサポートできるだろうか」

思いついたことは、
「なぜ問題用紙を写真にしないのか。そして、写真を彼に渡せばいいのに」
「そうすれば、彼は直接、iPadの画面でタイピングができる」

それが、「SnapType」のアイデアとなりました。
その他には何もいらないのです。

「SnapType」の誕生

SnapType

夫のBenさんはプログラマーでした。AmberlynnさんのアイデアをBenさんがアプリとして形にします。それを書字障害の子供に使ってもらったところ、とてもうまく勉強をサポートできたのです。Amberlynnさんは「同じような障害を持った他の子供たちの役に立つだろう」と考えます。

夫婦はWorld Domination Summit Foundationから1万ドルの助成金を受け、それに加え自己資金で会社を設立。アプリをブラッシュアップして「SnapType」としてリリースします。アプリは無料で、これまでに150万回ダウンロードされました。

米TechCrunchの「SnapTypeを使うようになって子供たちは変わったか?」という質問に対して、Amberlynnさんはこのように答えています。

子供も、その子の療法士も、教師も、そして親も、とても喜んでいます。

わたしは子供たちが、このアプリを使っている姿をみるのも楽しい。その子供たち自身が、自分で問題用紙の写真を撮り、iPadのキーボードを使って問題に答えていく。もう、クラスで自分だけが取り残されることはないし、自分の「長所」に自信が持てるようになるのです。

参考URL:TechCrunch

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー