2018年のApple Watchは物理ボタン廃止!?感圧式ボタンに変更される可能性

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

現行のApple Watchでは、側面に物理ボタンが搭載されています。今後、物理ボタンが感圧式のソリッドステートボタンに変更される可能性があるとFast Companyが報じました。

サイドボタンをTaptic Engineで再設計

Fast Companyによると、AppleはApple Watchのサイドボタンを感圧式のソリッドステートボタンで再設計しようとしているようです。Apple Watchは、側面に押し込み式のサイドボタンとデジタルクラウンという2つの物理ボタンを搭載しています。このうち、サイドボタンをiPhone7以降のホームボタンに採用されているTaptic Engineで再設計しようとしています。
Apple Watch サイドボタン

ソリッドステートボタンは、Apple Watch以外のApple製品でも取り入れられています。iPhone 7以降のホームボタンや、MacBookのトラックパッドもソリッドステートボタンです。

このソリッドステートボタンを搭載した新型Apple Watchは、2018年秋に発表されると予測されていますが、採用されなかった場合は2019年のApple Watchにずれ込むかもしれないとのことです。

スポンサーリンク

ソリッドステートボタンにはメリットが多い

ソリッドステートボタンは、物理的なボタンでは必要となる開口部を必要としないため、Apple Watchの耐水性能を向上させることができます。また、ソリッドステートボタンは設計上のスペースを削減できるため、より大きなバッテリーを搭載することができるようになる模様です。

Appleは心臓リズムなどの健康関連データを収集するセンサーをボタンの上部に搭載することに取り組んでいるとの情報もあります。現行のApple Watchでは、本体背面に心拍センサーが配置されていて、皮膚と接触することで心拍数を測定しています。測定するデータによっては、ユーザーの皮膚と複数の接触点が必要になるようです。そのため、ソリッドステートボタンの上部にセンサーを搭載することが検討されているとのことです。

新型Apple Watchに期待

ソリッドステートボタンを導入した新型Apple Watchは、現行のApple Watchと比べて多くの変化がありそうです。特に健康データの収集目的で、ソリッドステートボタンにセンサーを搭載する計画に対しては興味深いものがあります。Apple Watchは、たびたび心拍数測定機能によって着用者の命を救うケースがニュースになっています。健康データ収集機能が強化されれば、Apple Watchはより魅力的な製品になるのではないかと感じます。

出展:Taptic Engine

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー