2018年iPhoneラインナップ

2018年のプレミアムモデルiPhone XIは「Plus」の方が売れそう?

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

韓国メディアのThe Bellは、Appleが2018年のハイエンドの6.5インチパネルを4,500万枚発注したと発表しました。このパネルは現行のiPhone Xより大きいモデルのパネルであり、同レポートによると、iPhone Xサイズの5.8インチパネルは2,500万枚、6.1インチのLCD液晶パネルは3,000万枚となっています。

2018年のプレミアムモデル用パネルの発注

The Bellには過去にAppleの製品予測に関する実績がありません。しかし、The Bellが発表したこれらの数字をみて言えそうなことは、Appleは「iPhone XI(仮称)」より「iPhone XI Plus(仮称)」の方を多く製造しそうだということです。

モルガン・スタンレーのレポートによると、2018年のiPhoneは9,000万台発注されると見込まれていて、この数字とThe Bellの合計1億枚という数字の関係性は不明です。米AppleInsiderはこのように言及しています。

(The Bellの)これらの数字は在庫として持っておくこともでき、修理サービスのために使うこともできる

スポンサーリンク

2018年の安価なモデル用パネルの発注

The Bellの数字は、多くのメディアが支持している「プレミアムモデルより安価なモデルの方が人気を集める」という予測とかなり矛盾しているようにみえます。それはLCD液晶モデルの開発の遅れが理由かもしれません。

2018年の安価なモデルでは、TrueDepthカメラをLCD画面に統合するという技術的な困難さがあるようです。しかしこれは別の問題を解決したことによって徐々に改善しているとのこと。この問題が解決されれば、追加でLCD液晶パネルの発注がありそうです。

部品供給だけでは判断しにくい販売台数

今回もそうですが、これまでもAppleの製品に関する噂やリークは部品供給サイド、つまりサプライチェーンから分析されていました。サプライチェーンの繋がりは非常に複雑で、ある1点のポイントで数字をみても確からしい情報は得られません。

今回の数字からは2018年のプレミアムモデルについて、「iPhone XI Plus」の方が売れそうということは言えそうです。もっと多角的な分析が増えてくれば、Appleがどのような戦略で2018年モデルを売ろうとしているのかわかってくるでしょう。

参考URL:AppleInsider

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー