iPhone X発表

2019年には「ノッチのない」iPhoneを!どう実現する?

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

昨年登場したiPhone Xは「ノッチ」と呼ばれる切り欠きで、100%のフルスクリーンとはなっていないことが特徴となっています。それはAndroidでも真似がされてしまうほどですが、Appleは100%フルスクリーンのiPhoneを諦めてはいないという報道がありました。

「ノッチのない」100%フルスクリーン

「Appleは2019年のモデルからノッチを取り除くため、関連する企業と話し合っている」

そう業界関係者から匿名で情報を得た韓国のET News。Appleが新しいiPhoneのデザインとして、画面がデバイスの前面を完全におおうよう取り組んでいると報じました。このデザインは2019年に発売されるモデルで実現しようとしているとのことです。

スポンサーリンク

TrueDepthシステムをどこに配置するのか

2019年に発売されるモデルにFace IDが搭載されているとすれば、TrueDepthシステムをどこかに配置する必要があります。これは赤外線送信機と受信機、赤外線カメラ等を組み合わせてできています。これをどこに配置するのか。

レポートの中では、現在のOLEDパネルに物理的な穴を開ける、もしくはOLEDパネルのマトリクス(基盤)領域のうち、黒の部分を使うことが挙げられています。ディスプレイの専門家はそのような研究を行っており、Appleはその研究に興味を持っているとのことです。

Appleの描くビジョン

iPhone X発表

Appleは昨年のiPhone X発表の際、このように語っています。

「私たちのビジョンは常に、iPhoneの前面全体がディスプレイで覆われる方向を向いていました。」

もし本当にこれが実現するとすれば、Android端末とは決定的な差ができることになります。

2018年のiPhoneはノッチが残ったデザインのまま、大小2つのハイエンドモデルと安価なモデルの3モデルが発売されると言われています。その次のiPhoneでは、このノッチが不要になるかもしれません。

参考URL:iDownload

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー