未来のMVをiPhoneで観ると?「Take On Me」のMVをARKitでリメイク。

Apple

未来のMVをiPhoneで観ると?「Take On Me」のMVをARKitでリメイク。

投稿日:2017年7月27日 更新日:

最近ではメジャーアーティストのMV(ミュージックビデオ)は、Youtubeですぐに公開され、プロモーションに使われています。そんなMVですが、80年代の大ヒット曲「Take On Me」のMVをAppleの「ARKit」でリメイクした動画があります。これは驚きの体験です。

スポンサーリンク

ARKitを使った意義

このビデオはARスタジオ「Trixi」で作成されました。Appleの「ARKit」を使い、Unityなどのミドルウェアを駆使して、実世界と拡張世界を融合させています。オリジナルのMVではスケッチブックに描かれたアニメになっていますが、それが3Dのオブジェクトになっているのです。

Trixiの創始者のシネリ氏は「実世界に『Take On Me』を配置するのではなく、『Take On Me』を体験に変えたかった」とコメントしています。

AR「Take On ME」

ではその一部を紹介していきましょう。現実の部屋に木枠が配置され、中で男性が踊っています。

踊るスケッチ

驚くべき点は、この木枠の中に入っていけるのです。踊っている男性の背中を見ることができます。

スケッチの中の世界

現実世界では子供たちが踊り始めます。どちらが現実なのか。もしかしたら、自分はスケッチされた人間なのかもしれないと錯覚しそうです。

子供のダンス

では、実際のMVを観ていただきましょう。

MVの新しい時代

最初に書いたように、アーティストのMVはプロモーションに使われるため、趣向を凝らした映像が多く、映像作家も様々なアイデアでアーティストの音楽を伝えようとしています。この技術の中にARが加わるとどのようになるのか、その一端をこのAR「Take On Me」はみせてくれます。

アーティストが自分の部屋で歌ってくれるのか、アーティストの世界へ連れて行ってくれるのか。これから斬新なアイデアが出てくると思うとワクワクします。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポケモンGOのプレイ画面

「WWDC 2017」でiPhoneの新機能「AR(拡張現実)」を発表。Appleの本気度をみた!!

AppleはiPhoneやiPadの次期OSである「iOS11」に新たな開発環境「ARKit」を提供すると発表しました。iOS11は数億のiPhoneやiPadで動く「世界最大のARプラットフォーム」 …

iOS11「ARKit」のすごいデモをピックアップ。初音ミクが自分の部屋で踊る!?

デベロッパー向けにリリースされたiOS11「ARKit」。リリースからしばらく経ち、高度なデモ動画が続々と登場しています。その一部をご紹介。また、IKEAがAppleと共同でARアプリを開発していると …

iPad

9.7インチ新iPadが3月25日に発売。全体的なスペックアップ。

アップルは実質iPad air 2の後継機種となるiPad(無印)を3月25日から発売すると発表しました。全体的にスペックがよくなっていて、価格は37,800円からになっています。 スポンサーリンク …

Appleバナー

Apple業績発表。予想に反してiPhone・iPad共に売上台数増加。

Appleは第3四半期(4〜6月)決算を発表しました。iPhoneの販売は好調であることに加えて、予想に反したのはiPadの販売台数が15%の伸びを記録したことです。また、サービス事業売上は過去最高を …

store

iOS11では古いアプリ約20万個が利用できなくなる?64bit完全移行に伴う影響。

現在のiOS10は64bitのメモリを利用できるOSですが、32bitのメモリしか利用できない古いアプリも特別にサポートしています。これがiOS11になって特別サポートがなくなった場合の影響について調 …