iPhone Xのカメラ「静止画では」過去最高得点をマーク!

Apple

iPhone Xのカメラ「静止画では」過去最高得点をマーク!

投稿日: コメント (0)


カメラの評価サイトDxOMarkにおいて、一時「iPhone 8 Plus」のカメラは最高得点の位置にいました。しかし、それを「Huawei Mate 10 Pro」と「Google Pixel 2」に追い越されています。今回、「iPhone X」はそれに並ぶ得点をマークしました。

スポンサーリンク

静止画では過去最高得点

iPhoneのカメラ性能はiPhone 8 Plusがトップを取っていることもあり、定評があります。今回のiPhone Xでは、iPhone 8 Plusよりも良い得点を取っています。iPhone 8 PlusとiPhone Xの違いをみて見ましょう。

iPhone X
iPhone X

iPhone 8 Plus
iPhone 8 Plus

これが一番違いの出るシチュエーションです。暗いシーンでの望遠撮影。スペックで見ると、8 Plusの望遠レンズは「f値が2.8」、Xの望遠レンズは「f値が2.4」と性能が上がっています。つまり「レンズが明るく」なっていて、暗いシーンでもよく撮れるということになります。

この記事の写真からはわかりずらいですが、拡大してモデルの顔をみてみると、輪郭やパーツが鮮明になっています。これはスペックの違いですので、順当といったところでしょう。

露出や色、テクスチャで他を上回る

DxOMarkは「iPhone 8 Plusと比べると、iPhone Xはズームの性能が大幅に向上しているだけでなく、露出、色、テクスチャ、ノイズ、アーティファクトの各項目で上回る」とコメントしています。

iPhone X

これがiPhone Xの写真。少々薄暗いビルの壁面を撮ったところです。特に赤がビビッドに出ています。これは露出がうまく調整されているとともに、その他のチューニングもできている結果でしょう。

Google Pixel 2

Maker:L,Date:2017-7-16,Ver:5,Lens:Kan03,Act:Kan02,E:Y

これはGoogle Pixel 2の写真。iPhone Xと比べると赤がそこまで出ていません。画像加工ソフトで「彩度」を上げれば、同じような写真にできそうですが、それが必要ないiPhone Xの勝ちといったところでしょう。

Galaxy Note 8

これはSamsung Galaxy Note 8の写真。これは露出が多すぎ、赤が白っぽくなっています。

静止画は最高得点の101点!

一方の動画に関してですが、暗い場所で、露出が不足し、ノイズが多くなるなど、改善の余地があるようです。動画も含めた総合得点としては「Google Pixel 2」がトップとなっています。

静止画最高得点は、Galaxy Note 8とMate 10 Proの100点でしたが、iPhone Xは「101点」をマークしました。これからまだまだ、各社の競争は続きそうです。

参考URL:DxOMark

-Apple -,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加