Appleの「AR Glass」は着実に前に進んでいる

Apple

Appleの「AR Glass」は着実に前に進んでいる

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

スマートグラス

米ブルームバーグによると、Appleの製造を請け負うQuantaがAR(拡張現実)のスマートメガネに使われるレンズの生産を開始する契約を締結したと伝えています。これはAppleがARメガネの生産を始めたというニュースではありませんが、その実現に向かう動きと言えそうです。

スポンサーリンク

ARメガネのためのレンズ

このニュースは、Appleの製造を請け負うQuantaが、イスラエルのARコンポーネントメーカーLumusと契約を締結したというもの。Quantaは昨年末にLumusに4500万ドルを投資しています。LumusはARレンズの製造を行なっており、QuantaとLumusはライセンス契約を結んでいます。

Lumusのアリ・グロブマンCEOは今回の契約締結について次のように語っています。

この契約は、ARメガネの部品の中で最も高価な、しかし鍵となる技術が、現実的な価格で提供されていることを意味している。同時に(生産の拡大によって)消費者のARメガネの全体的なコストを効果的に下げることができるだろう。これは「ビッグ」な取引だ。

Appleを取り巻くウェラブル端末の動き

Quantaは「完全なARメガネはハイエンドのスマートフォンより安く購入できる」ように考えています。しかし、今年10月、Appleのティム・クックCEOはARメガネなどのウェラブル端末についてこのように語っています。

現在、私がテクノロジーに対して言えることは、そのような技術はまだ存在しないということだ。ディスプレイの技術が、顔にぴったりとくるような域に達していない。これは大きなチャレンジでもある。

まだ、Appleが考えるようなARメガネ。それはおそらく通常のメガネと見分けがつかないようなデバイスを意味しているものと思われますが、その実現には時間がかかりそうです。しかし、製造を請け負っている会社では、ARディスプレイ技術の開発や製造を行なっており、大きな視点でみると前進していると言えるでしょう。

参考URL:9to5Mac

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Display

iPhoneのガラス修理をどこに頼んでもOKに。ポリシー変更が複数の情報元からリークされる。

iPhoneで一番困るのが「ガラス割れ」。修理してくれる業者もありますが、そうなるとAppleの保証対象外になるのが難点でした。しかし、そのポリシーが変更されるという情報がリークされました。 もしスマ …

Apple Musicバナー

Appleは音楽ダウンロード販売の終了を否定したものの…?

米Digital Music Newsが報じた、「Appleが2019年までに音楽のダウンロード販売を終了する」という報道について、Appleは「それはTrueではない」ときっぱり否定しました。これは …

iPad Pro

次期「iPad Pro」のCPUは現行Macをはるかに超える性能か?

2018年モデルの「iPad Pro」についての情報が出てきました。それは、Face IDを採用するだろうということと、「オクタコアのA11 Bionic」CPUが使われるということ。このCPUはiP …

「iOS11.1」パブリックベータ4リリース!ロック解除が速い!

iOS11.1のパブリックベータ4がリリースされました。今回のアップデートは比較的小規模なもので、使いやすさの調整と、絵文字の追加、そしてKRACK脆弱性の対策が含まれています。早速、インストールして …

iPhone X

大手キャリア「iPhone X」価格割引の分かりにくさを比較してみる

そろそろ予約も始まり、11月3日に発売される「iPhone X」。各大手キャリアの端末代金が出揃いましたが「わかりにくい!」。ここで整理してみたいと思います。簡略化のため機種変更しか考えません。MNP …