Appleの「AR Glass」は着実に前に進んでいる

Apple

Appleの「AR Glass」は着実に前に進んでいる

投稿日: コメント (0)


スマートグラス

米ブルームバーグによると、Appleの製造を請け負うQuantaがAR(拡張現実)のスマートメガネに使われるレンズの生産を開始する契約を締結したと伝えています。これはAppleがARメガネの生産を始めたというニュースではありませんが、その実現に向かう動きと言えそうです。

スポンサーリンク

ARメガネのためのレンズ

このニュースは、Appleの製造を請け負うQuantaが、イスラエルのARコンポーネントメーカーLumusと契約を締結したというもの。Quantaは昨年末にLumusに4500万ドルを投資しています。LumusはARレンズの製造を行なっており、QuantaとLumusはライセンス契約を結んでいます。

Lumusのアリ・グロブマンCEOは今回の契約締結について次のように語っています。

この契約は、ARメガネの部品の中で最も高価な、しかし鍵となる技術が、現実的な価格で提供されていることを意味している。同時に(生産の拡大によって)消費者のARメガネの全体的なコストを効果的に下げることができるだろう。これは「ビッグ」な取引だ。

Appleを取り巻くウェラブル端末の動き

Quantaは「完全なARメガネはハイエンドのスマートフォンより安く購入できる」ように考えています。しかし、今年10月、Appleのティム・クックCEOはARメガネなどのウェラブル端末についてこのように語っています。

現在、私がテクノロジーに対して言えることは、そのような技術はまだ存在しないということだ。ディスプレイの技術が、顔にぴったりとくるような域に達していない。これは大きなチャレンジでもある。

まだ、Appleが考えるようなARメガネ。それはおそらく通常のメガネと見分けがつかないようなデバイスを意味しているものと思われますが、その実現には時間がかかりそうです。しかし、製造を請け負っている会社では、ARディスプレイ技術の開発や製造を行なっており、大きな視点でみると前進していると言えるでしょう。

参考URL:9to5Mac

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

【iOS11.3ベータ2】バッテリーの状態と速度低下制御はこうなった!

AppleはiOS11.3のパブリックベータ2をリリースしました。一番大きな変更点としては、去年末から大きな問題となっていたバッテリーの劣化による速度低下問題。Appleからの回答として、バッテリーの …

Siriバナー

ユーザーのSiri離れ…賢くなっていくSiriの行方は?

アプリ調査会社のVelto社はレポートで、最もよく使われている音声人工知能アシスタント「Siri」の利用者が減っているとの結果を発表しました。秋にリリースされるiOS11ではSiriの声はもっと自然に …

携帯乗り換えバナー

iPhoneに乗り換えたい?Appleが下取りキャンペーン

アップルは8月10日、ガラケーからiPhoneへの乗り換えを提案するテレビCMを公開しました。それに合わせて、特設ページを用意、今ならガラケーも他社スマホも下取り価格が増額されています。 わずか「1文 …

iPhoneXイメージ

iPhone Xの不具合で「電話に間に合わない」ユーザーが増えている!?

米フィナンシャルタイムスは、iPhone Xユーザーを悩ましている問題が増え続けていると報じました。この問題とは、電話がかかってきてもディスプレイが消えたままで、電話が鳴っている間に取れないこと。一部 …

QuickTime再生画面

QuickTimeとHomePodにFLAC対応がやってきた!

AppleはiOS11.2で「FLAC」Free Lossless Audio Codecをサポートしました。しかしいまだにiTunesでFLACは再生できません。しかしこれは、同じiOSデバイスであ …