「iOS12」のパブリックベータ2リリース!写真の共有方法に変化!!

Appleは現地時間7月5日に「iOS12」のパブリックベータ2をリリースしました。今回のリリースではアメリカの「マップ」が詳細になるなどの変化がみられますが、ユーザーにとって小さな、しかし大きな変更として「写真の共有」方法が追加されています。

スポンサーリンク

「iOS12」の写真を共有する「リンクをコピー」

これまで写真を友人に送信するためにはメールに添付するか、メッセージアプリで送信するか、もしくは「Dropbox」のような外部アプリを使う必要がありました。今回のパブリックベータではこの「Dropbox」のような「共有リンク」を作成できるようになっています。

写真を選択して「共有」ボタンをタップします。

写真共有ボタン

「リンクをコピー」という新しい項目ができています。これをタップします。

共有メニュー

そしてメールなどにリンクを貼り付けると、iCloud上の短縮URLが貼り付けられます。

共有リンク

スポンサーリンク

「iOS12」のiCloud経由で写真のリンクを受け取る

新しくできた「共有リンク」を受け取った方はどうなるのでしょうか。メールでリンクを受け取ったとします。

共有リンクをタップ

リンクをタップするとiCloud上のダウンロードページが表示されます。期限は2ヶ月ほどを予定しているようです。このダウンロードをタップします。

ダウンロード画面

すると写真が表示されます。

写真の表示

おそらく正式バージョンではフルサイズの写真が表示されると思われますが、現在は圧縮された画像に変換されています。

写真を劣化させることなく共有する

メールへの添付は場合によってサイズが制限されますし、メッセージアプリでも圧縮がされるでしょう。今回予定されている機能追加は「劣化なし」での写真共有を目指しているものと思われます。まだベータバージョンの段階ですので、正式リリースでは便利な機能のひとつとして提供されそうです。

参考URL:MacRumors