【iOS12】パブリックベータ6リリース!グループFaceTimeが削除??

AppleはiOS12のパブリックベータ6をリリースしました。今回の大きな変更点はグループFaceTimeが削除されたこと。グループFaceTimeはiOS12の大きな機能追加として、iOS12の発表の際アピールされていました。何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

iOS12からグループFaceTimeが削除された!?

今回のパブリックベータリリースにあたっては、大きな問題が発生しました。Appleはデベロッパーズベータ7をリリースした直後、大きなバグがみつかり、このリリースを中止しています。そして数日後デベロッパーズベータ8をリリースして、今回のパブリックベータ6のリリースとなりました。

そして、リリースされたパブリックベータ6からは「グループFaceTime」が削除されていることがわかります。グループFaceTimeはiOS12の大きな機能追加で、32人までのユーザーで同時通話できるものでした。これが削除されているのです。

米MacRumorsはこのことをYouTubeで伝えています。

スポンサーリンク

iOS12の開発に遅れが発生!?

これまで、iOS12の開発は順調に進んでいました。しかしここへきて、大きなバグが発生した上、グループFaceTimeが削除されるという事態になっています。これはiOS12の開発が遅れ始めている兆候かもしれません。

しかしグループFaceTimeの削除を良いものと捉えることもできます。開発が遅れていることを認め、機能追加より安定性を求めたと考えられるからです。今回のiOS12はアプリの起動などが40%程度速くなるとされていて、そのためには安定した動作が不可欠です。新機能より安定した動作を選択したのであれば、大きなバグの発生という異常事態も収束すると期待できます。