Apple Watchがひとりの男の人生を救った話

スコット・キリアンさんはApple Wacthで人生を救われました。数週間前、彼は心臓発作を起こしましたが、それをApple Watchが検出したのです。しかし、その詳細な話を聴くと、彼が「Apple Watchの大フアンだ」という理由がわかります。

スポンサーリンク

健康診断の結果

もうすぐ50歳になるキリアンさんは、年齢のことを考えて詳細な健康診断を受けました。それは、心臓負荷テストや代謝テストなどを含んだ何千ドルもの健康診断でした。診断結果は何の問題もなく、健康そのものでした。

キリアンさんは弁護士です。かなりストレスのかかる仕事のため健康には気を使っていて、定期的にボクササイズやランニングもしています。心臓発作を予期するような理由はほとんどなく、その上で健康診断も受けているのです。

それは夜中に突然起きた

キリアンさんは睡眠トラッキングのために、週3〜4回、Apple Watchをつけて寝ていました。そしてある日、キリアンさんは睡眠中に心拍数が上昇したというアラームで、午前1時ごろ飛び起きます。HeartWatchというアプリからのものでした。その時、少し胃もたれを感じてはいましたが、気分が悪いということはありませんでした。

心拍数画面

彼の平静時の心拍数はだいたい毎分49拍でしたが、そのアプリが真夜中に検知した心拍数は毎分121泊というものでした。このような出来事はApple Watchを使うようになってから初めてのことで、キリアンさんは予防的に救急外来へ行くことにしました。

救急外来で診察を待っている間に妻へ連絡をしたキリアンさんですが、時間とお金を無駄にしていると感じていました。そして、心電図のテスターに繋がれましたが、その結果は「正常」というものでした。しかしApple Watchは「正確」だったのです。

心臓発作は起きていた

念のため、病院は血液検査を行いました。すると心臓発作が起きたことを示す酵素が検出されました。そしてさらに精密な検査をしたところ、心臓動脈にステントを使った血管拡張が必要な場所が4つあると明らかになりました。

「数千ドルのテストを受けてもわからなかった。」とキリアンさんは語ります。そして外科医の反応がとても大きかったと思い起こします。

「外科医は言いました。もしそのまま私が寝ていたら、おそらく目覚めていないだろう。私は眠ったまま死ぬところだったのです。」

キリアンさんがApple Watchを購入した理由は、健康とフィットネスのためではなく、仕事の生産性向上のためでした。しかし現在、彼は時計を見るたびに、命が救われたことを思い出しています。

Apple Watchで救われた命

キリアンさんが驚いていることは、もうひとつあります。彼の祖父が55歳で心臓発作により亡くなっているのです。Apple Watchが誕生する13年前のことでした。今ではこのような心拍トラッキング技術は一般的になっていて、このように実際に命が救われることがあるのです。キリアンさんが使っていたアプリの機能は、最近になってApple Watchの標準機能になりました。

筆者がApple Watchなどのスマートウォッチに対して抱いている印象は「日本人はそこまでフィットネスに関心がないだろう」というものでした。しかし筆者のまわりには睡眠のトラッキングのためにつけている人がかなりいます。そのユーザーたちは知らずに心臓発作からも守られているようです。

参考URL:9to5Mac

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー