古いiPhoneのバッテリー交換、1台1回で正式に開始!

Appleがバッテリーが劣化したiPhoneに対して、予期せぬシャットダウンを回避するためパフォーマンスを下げていたことが問題となりました。その解決策として、古いバッテリーの交換を1台につき1回、3,200円で提供すると正式にアナウンスされました。

スポンサーリンク

古いiPhoneのバッテリー問題とは?

iPhoneにはリチウムイオンバッテリーが使われています。これは非常に優れた特性を持っていますが、劣化は避けられません。古いバッテリーは、例えばアプリの起動時など急激にプロセッサを使う際のピーク電流を供給できなくなる場合があります。この場合、予期せぬシャットダウンがiPhoneに起こります。

これを避けるため、Appleはバッテリーの古くなったiPhoneのパフォーマンスを意図的に下げることによって、このピーク電流を抑えるようiOSのアップデートを行いました。しかし、その方法が多くのユーザーの反発を買い、アメリカでは訴訟問題にまで発展しています。

この問題に対してAppleは通常8,800円のバッテリー交換費用を3,200円に割引して提供すると発表していました。また、2018年初頭には、iPhoneのバッテリー状態をユーザーが把握できる機能を提供するともアナウンスしています。

正式にバッテリー交換プログラムが開始

一部報道で先行して、すでにプログラムが開始されていると伝えられ、Appleの発表を待たずにバッテリー交換が始まっていました。今回、正式に3,200円で交換すると、Apple公式のサポートページに掲載されています。

交換料金

この交換プログラムは2018年12月31日まで行われ、iPhone 6以降のモデルを1台につき1回までとされています。

雪崩式に始まってしまったバッテリー交換プログラムですが、これで安心してサポートへ連絡できるでしょう。アメリカでは予約が必要な状況となっており、日本でも同様の混雑が予想されます。交換の際は予約するか、それほど問題ないようであれば後日交換するとよいでしょう。

関連記事:古いiPhoneのバッテリー交換に関して飛びかう憶測!ちょっと整理!

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー