MacBook

2018年の安価なMacBook Airは「iBook」かもしれない!?

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

Appleの新製品情報で定評のあるKGI証券のミンチー・クオ氏によると、2018年の4~6月の間に安価なMacBook Airを発売するという情報があるようです。しかし、これが「MacBook Air」なのか言い切れないところがあります。

より安価なMacbook Airの可能性はある?

MacBook

現在、安価なMacBookとしては「MacBook Air」があり、98,800円となっています。この10万円を切る挑戦的なプライシングは、アメリカの大学生などの間で、Windowsを選択するよりはMacという流れを生んでいます。日本でも一部そういう動きはあるでしょう。

この98,800円という価格をさらに下回るMacBookというシナリオは充分にあり得る話だと、米9to5Macの記者はこう言及しています。

確かに状況は変わった。Appleは129,800円のハイエンドなiPhone Xを販売しているが、同時に39,800円のiPhone SEも販売している。

そう。148,000円の12.9インチiPad Proも108,800円の10.5インチiPad Proもお勧めできますが、37,800円の9.7インチiPadも提供しています。

Appleは今日、ほぼ全ての予算にあわせたiPhoneまたはiPadを提供しています。したがって、Macで同じことをするのは理にかなっているのです。

スポンサーリンク

過去にはiBookというブランドも

iBookイメージ

9to5Macの記者はこのようにも言及しています。

事実として、Appleは過去にこのような戦略をとっていた時期がありました。企業などにはPowerBookを提供し、ローエンドには「iBook」がありました。

MacBook Airは当初MacBookを薄型化したハイエンドの製品としてスタートし、98,800円までしか来れなかった。他のMacBookに比べればかなり手頃な価格ですが、39,800円のiPhoneや37,800円のiPadよりは、はるかに高価です。

Macbook Airのブランドを果たして「安価なブランド」として利用するでしょうか。もちろん、それは可能ですが、「iBook」という「安価なノートブック」というブランドが既にあるのです。

iBookの復活というシナリオは十分ありえる

現在、新興国へのデバイス拡販が大きなカギになっています。iPhone SEもそのためにラインナップされ、iPhone SE2の噂は絶えません。新興国に向けたマーケティングとして「iBook」というブランドを使うことは充分に考えられるでしょう。

参考URL:9to5Mac

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー