【iOS11.3ベータ2】バッテリーの状態と速度低下制御はこうなった!

Apple

【iOS11.3ベータ2】バッテリーの状態と速度低下制御はこうなった!

投稿日: コメント (0)


AppleはiOS11.3のパブリックベータ2をリリースしました。一番大きな変更点としては、去年末から大きな問題となっていたバッテリーの劣化による速度低下問題。Appleからの回答として、バッテリーの状態表示とパフォーマンス制御のオフ機能を実装しました。

スポンサーリンク

バッテリー状態の表示(ベータ)

この機能はまだ開発中であり、今後仕様が変更となる可能性があります。現状のベータ版機能はこのようになっています。設定アプリの「バッテリー」をタップすると、「バッテリーの状態(ベータ)」という項目が増えています。

バッテリーメニュー

これをタップすると、バッテリーの「最大容量」が表示されます。この例だと「97%」ということは3%の劣化がみられるということになります。バッテリーの最大容量が80%以上だと、パフォーマンス制御のオフはできません。

バッテリーの状態

英語版になりますが、これが「79%」の場合の「ピークパフォーマンス性能」の表示です。下部に新たな追記があります。

劣化した状態の表示

拡大します。

ピークパフォーマンスの説明

このiPhoneは予期しないシャットダウンを経験しました。これはバッテリーが必要なピークパワーを供給できなかったものです。また問題が起きるのを防ぐために、パフォーマンスマネージメントが適用されました。オフにする…

これで「オフにする」をタップすると、パフォーマンスマネージメントがオフになり、このような表示になります。そのかわり、常に最大の処理速度でiPhoneが動作します。

マネージメントをオフにした

このiPhoneは予期しないシャットダウンを経験しました。これはバッテリーが必要なピークパワーを供給できなかったものです。あなたは手動でパフォーマンスマネージメントをオフにしています。

バッテリーの状態によってどのようになるのか

バッテリーの状態として表示される「最大容量」はバッテリーの劣化とともに減っていきます。Appleの設計では2年で80%になるよう設計がなされています。バッテリーの劣化は化学的なもので、防ぐ方法はありません。バッテリーが劣化すると瞬間的なピーク電流を放出できなくなります。

この瞬間的なピーク電流が足りないと、いきなりiPhoneの電源が落ちてしまいます。これを防ぐためバッテリーマネージメント機能が搭載されました。オフにすることによって、緊急時などに予期せぬシャットダウンが起きる可能性があり、Appleとしてはこれを推奨していません。自己責任で「オフにする」ことになります。

-Apple -, ,

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加