iPhoneイメージ

iPhoneに「脱獄」の穴が!?急遽iOSの配信を停止!!

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

iPhoneイメージ

Appleは先週にiOS11.2.5をリリースしました。通常であれば、その以前のiOS11.2、iOS11.2.1、iOS11.2.2は引き続きダウングレードなどのために利用できるのですが、配信を急遽止める自体となりました。その理由は「脱獄」ができてしまうというもの……。

iPhoneの「脱獄」って何?

ご存知だと思いますが、簡単に説明しておきます。iPhoneのiOSは慎重にデザインされており、Androidのように自由度がほとんどありません。その代わりウィルスなどにはかなり強い設計になっています。

しかし、iPhoneをもっとカスタマイズしたいというユーザーが一定数おり、「脱獄」英語ではJalebreak、つまりiOSの保護の檻から逃れる方法を日々探っています。今回、iOS11.2、iOS11.2.1、iOS11.2.2でその方法が明らかになってしまい、今回の事態となりました。

スポンサーリンク

Appleは旧iOSの署名停止および配信停止

昨日まではiOS11.2.5をインストールしていても、iTunes経由で今回問題になっているバージョンへのダウングレードができました。しかし、今日になってそのダウンロードが急遽できなくなっています。また署名も停止しているためiOSそのものがあってもインストールができません。

このバージョンのiOSが脱獄できるという情報は以前からささやかれていました。それがあまりにも大きくなってしまったのでしょう。Appleが配信も署名も止めるという緊急事態となりました。

iPhoneの脱獄は自己責任の範疇で、という表現では済まないほど危険な行為です。ウィルスの感染はもちろん、どんなセキュリティ上の欠陥があるか把握できなくなります。それでも脱獄してカスタマイズしたいユーザーはいる。確かにiPhoneの機能に全て満足できるわけではありません。しかしそんな危険を犯すまでの必要性はあるでしょうか。

参考URL:9to5Mac

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー