QuickTimeを使ってFLACをiTunesで聴けるようにする!

Apple

QuickTimeを使ってFLACをiTunesで聴けるようにする!

投稿日: コメント (0)


FLACをiTunesで聴きたい。しかし、QuickTimeはFLAC対応したのに、iTunesはFLAC対応してくれない!余計なアプリをインストールしたくない!QuickTimeで変換したい!その方法をお伝えします。

スポンサーリンク

QuickTimeを使ってmp4に変換する

QuickTimeはFLACに対応していて再生することができます。この機能を使ってFLACファイルをmp4へ変換します。まずは、QuickTimeで変換したいファイルを開きます。

ファイルを開く

そして「ファイル→書き出す→オーディオのみ」をクリック。

書き出しメニュー

すると保存場所と名前を決める画面になります。ファイル名はそのままでも、拡張子が「m4a」になっています。これは「mp4のオーディオ」という拡張子で基本的にはmp4と同じです。「保存」ボタンをクリックします。

保存画面

変換は一瞬のうちに終わり、m4aのファイルができます。これをiTunesにドロップすると、

ファイル画像

このように聴ける状態になります。

iTunes画面

iPhoneへの同期もできますので、とりあえずiTunesへの対応は完了です。

アルバム名とアートワークも欲しい!

アルバムのジャケットが無いとさみしい…。これを取り込んでみます。iTunesのアルバムを右クリック、「アルバムの情報」をクリックします。

右クリック

そして曲の情報を入力します。

アルバム情報

そして「アルバムアートワークを入手」をクリックすると、

アートワーク入手

ちゃんとアルバムの画像を保存してくれます。iPhoneの画面にもアートワークが表示されるようになります。

めんどう過ぎない?

はい。めんどくさいです。しかし、パソコンをクリーンな状態にしておきたい。フリーウェアとか、あまり使いたくない。そのためにはこのような方法が使えると思います。変換はすぐにできますので、アルバム1枚とりあえず聴けるようにするためにそれほど時間はかかりません。

たくさんのファイルを変換して、タイトルもアルバムアートワークも……というのであれば素直にフリーウェアなどに頼ってしまいましょう。例えばMacですと、「X Lossless Decoder」というフリーウェアがあります。寄付も募集しているので、開発を応援すれば今後もメンテナンスがされるツールになるでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

3Dモデルへ

3DCGを手書きできるApple「ARKit」の潜在能力

Appleが「ARKit」拡張現実アプリの開発キットをデベロッパー向けに公開してから、様々なアプリの試作品か公開されました。今回、公開されたのは3Dの物体を手書きできるペイントアプリ。ソースコードの解 …

Wi-Fiシェアポップアップ

「iOS11」の新機能まとめ!コンパネやGIF対応やFLAC対応まで盛りだくさん!

2017年秋にリリースされる「iOS11」。パブリックベータ版が配布開始となったことで、色々と変更点がわかってきました。NFCの利用がオープンになることは発表されませんでしたが、実装されたことはかなり …

store

iOS11では古いアプリ約20万個が利用できなくなる?64bit完全移行に伴う影響。

現在のiOS10は64bitのメモリを利用できるOSですが、32bitのメモリしか利用できない古いアプリも特別にサポートしています。これがiOS11になって特別サポートがなくなった場合の影響について調 …

ARボタン

「ARKit」のすごさを体験するにはこれ「Sketchfab」

iOS11で大きなトピックの一つとして、「ARKit」があげられると思います。3Dの物体をAR(拡張現実)の技術を利用して、現実の世界に登場させる。今回紹介する「Sketchfab」は3D版インスタグ …

FULL ACTIVE液晶

お手頃版のiPhone Xにはジャパンディスプレイの液晶が!

今年のiPhoneには3種類が登場すると言われています。そのうち、2つは有機ELディスプレイでiPhone Xの後継となるものですが、1つは廉価版とでもいうべき液晶ディスプレイのもの。それはジャパンデ …