2018年の安価なiPhoneでは「徳島県」の会社がキーになる!?

iPhoneに関する部品供給の情報に詳しい台湾DigiTimesは2018年に登場するとみられている安価な「iPhone 9」について「日本のNichiaが独占的にLCDパネルのバックライト用チップを供給する」と報じました。Nichiaとは徳島県にある日亜化学工業株式会社。その理由は何なのでしょうか。

スポンサーリンク

LCD液晶パネルで安く製造される2018年の「iPhone 9」

2018年の次期iPhoneでは「OLEDディスプレイ」を搭載したiPhone X世代の5.8インチモデルと6.5ンチモデルのフラッグシップ機に加えて、「LCD液晶ティスプレイ」を搭載することによって価格を安く提供する6.1インチの「iPhone 9(仮称)」が登場するとみられています。

2018年iPhoneモックアップ

この全てのモデルにおいて、現行iPhone Xと同じフルスクリーンのデザインとなります。iPhone Xにも使われている「OLEDディスプレイ」は画素自体が発光するためフルスクリーンにすることが容易ですが、「LCD液晶ディスプレイ」にはバックライトが必要になり、フルスクリーンにすることが難しくなっています。

フルスクリーンLCD液晶を実現する日亜化学のバックライト

LCD液晶に使われるバックライトのチップは0.4mmサイズのものが一般的です。しかし、日亜化学が製造しているのは「0.3mm」サイズのチップ。より小さなチップであるためフルスクリーンLCD液晶のバックライトとしては有利になります。

通常の0.4mmサイズのチップを使うと、底辺のベゼルは厚みが4〜4.5mmになります。これを日亜化学の0.3mmサイズのチップにすることで、底辺のベゼルは2〜2.5mmと大幅に縮小できます。日亜化学のチップは、すでに中国や日本のハイエンドスマートフォンに採用されています。

今回、部品供給サイドの情報源から、このチップをAppleが採用するとのリークがありました。

廉価版iPhoneで存在感を増す日本メーカー

このLCD液晶ディスプレイにすることによって、価格をおさえた「iPhone 9」。今年1月にはジャパンディスプレイのLCD液晶ディスプレイが採用されると報道されました。そして今回、日亜化学のバックライト用チップが採用されるとの報道です。

次期iPhoneは今月にもトライアルの製造が行われ、8月に小規模の生産、9月に本格的な量産体制に入るとみられています。徐々に部品供給サイドからのリークが増えてきた2018年のiPhone。情報源は「今年半ばに日亜化学の製造ラインはフル稼働になるだろう」と言及しています。

参考URL:AppleInsider

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー