Cult of Mac

「iPhone SE2」はFace IDなの?Touch IDなの?

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

今年iPhone SE2が発売されるとほとんどのメディアが考えています。中国のアクセサリーメーカーはiPhone SE2用のスクリーンプロテクタと保護ケースの予約を開始しました。しかし、「生体認証」はどのようになるのか。2つのメディアの考え方をご紹介します。

生体認証問題の発端

iPhone SE2ケース

「iPhone SE2がFace IDを搭載するのか、しないのか」この問題が生じた発端は中国メーカーがiPhone SE2のアクセサリーの予約販売を開始したところにあります。この画像とスクリーンプロテクタの設計によると、全面ディスプレイが採用され、画面にはiPhone Xの特徴「ノッチ」が存在します。

一方で全面ディスプレイのため、ホームボタンがありません。したがって「Touch ID」が使えないことになりそうです。しかし、「Face ID」は10万円を超えるiPhone Xに搭載された非常に高価な技術。39,800円のiPhone SEシリーズには高価すぎるという声が強いままです。

これにより「生体認証をどうするのか」という疑問が生じます。ここで、アメリカのメディア2社の考え方を紹介します。

スポンサーリンク

iPhone SE2がFace IDを搭載する可能性

米AppleInsiderは「なぜ『iPhone SE2』へのFace ID搭載が良いアイデアになり得るのか」という考察記事を掲載しています。

iPhone SEはユーザーが手にすることができる最も安価なiPhoneだ。349ドルから入手することができる。このiPhone SEの価格がFace IDを組み込むには低すぎると主張するかもしれない。しかしAppleが部品のコストを下げることができれば、第二世代のiPhone SEがFace IDを搭載できるようになる。

AppleがTrueDepthとFace IDを使った未来に全力を尽くそうとしているなら、幅広いデバイスに提供するのは理にかなっている。現在、iPhone Xに1,000ドルという高額な価格がついているため、Face IDを利用できなくなっているユーザーは多い。(中略)

AppleInsider

iPhone SEのユーザーは、その小さな本体と変わらないデザインを愛している。Face IDは小さな本体を維持しながら、より多くの画面スペースを提要する全面ディスプレイを可能にする。

iPhone SE2がディスプレイ上でTouch IDを実現しないのか

もちろん、iPhone SE2が問題なくFace IDを搭載できれば良いことです。しかし、コストの問題はいまだにFace IDの搭載を困難にしています。では、全面ディスプレイを実現しつつ、ディスプレイ上のTouch IDを搭載するのはどうなのでしょうか。

Appleはこれを実現するような特許を2016年に出願しており、開発は進められていたでしょう。これについて米Cult of Macは「光が見えたディスプレイ上の指紋認証は実現されない」と題して、このように考察しています。

Cult of Mac

Appleはその顔認証システムが指紋認証システムよりも20倍安全であると主張している。(中略)そしてiPhone Xの売り上げは、何百万という人々が顔認証システムに問題がないことを示した。iPhone Xユーザーへの調査でもこれが裏付けられている。

AppleがTouch IDに戻ることを希望しているユーザーがいることは間違いない。しかしこれは少数派のようだ。Appleが少数派のために戦略を変更した例は過去にない。したがって、ディスプレイ上の指紋認証は、ほぼ確実に「歴史的な遺物」である。

iPhone SE2にFace IDが搭載されると期待できるのか

ここまでの考察記事によると、iPhone SE2にはFace IDを搭載せざるを得ないようにみえます。しかし、この問題の発端が、中国のアクセサリーメーカーの主張であることを忘れてはいけないでしょう。米AppleInsiderはこのようにも述べています。

「iPhone SE2」がFace IDを搭載しない場合は、iPhone Xスタイルの全面ディスプレイではなく、小さな四角の画面デザインのままにする可能性が最も高い。

今年の初めには、部品供給サイドに何も動きがみられないことから、iPhone SE2はプロセッサのアップグレードなど小規模なバージョンアップにとどまるとの予測もありました。iPhone SE2への期待はどんどん高まっていますが、今しばらく確実性の高い情報を待つ必要がありそうです。

参考URL:AppleInsider, Cult of Mac

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー