iPhone Xバナー

iPhone Xの画面で「焼き付き」が発生した!?対応策は?

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

iPhone Xバナー

iPhone Xには新しく「OLEDディスプレイ」が採用されました。このディスプレイは発色やコントラストで非常に優れていますが、ピクセル自体が発光するため「焼き付き」が発生するという弱点もあります。もし起きた場合どうしたらよいのでしょうか。

画面の「焼き付き」はどのように発生するのか

OLEDディスプレイのピクセルが同じ色で発光し続けることで「焼き付き」が発生します。これは他の画面表示をしているのに、長時間表示していた画面が薄く表示され続ける「ゴースト」という形で現れます。

iPhone Xの「Super Retina Display」は業界最高水準の技術で「焼き付き」の発生が低減されていますが、OLEDディスプレイである以上、避けることはできない問題です。iOSの画面制御でも発生しにくいように調整されていると思われますが、発生する可能性は存在します。

スポンサーリンク

もし「焼き付き」が発生したら?

最初に試してみる方法は、しばらく画面をオフにすることです。軽度の焼き付きであった場合、15分程度で問題を解消できると思われます。単なる「色ずれ」であった場合も自然に消えます。

それでもゴーストが消えなかった場合、「そのまま使い続ける」ということが解消に繋がります。ピクセルはiPhone Xを使う際、常に発光を変化させるため、そのゴースト保持がなくなる可能性があります。こういった解決はOLEDを使ったテレビでよくみられるようです。

それでも「焼き付き」が消えなかったら?

焼き付きが重度でゴーストがどうしても消えない場合、ディスプレイを交換する必要があります。ゴーストを我慢して使い続けるということも考えられますが、おそらく交換したいでしょう。ゴーストに関連したAppleの修理ポリシーはまだ不明です。まずは、サポートに連絡することをおすすめします。

Androidアプリの中には、OLEDディスプレイのゴーストを消すアプリが存在します。App Storeでもそのようなアプリが出てくる可能性もありますが、過大な期待はできないでしょう。iPhone Xの「Super Retina Display」はよくあるOLEDディスプレイとは異なっているからです。

「焼き付き」を防ぐためには?

このような問題を防ぐためには、できるだけiOSを最新の状態にアップデートしておいた方が良いでしょう。OLEDディスプレイに関する問題があった場合、問題の修正がなされるはずです。

また「明るさの自動調整」をオンにしておいた方がいいでしょう。不必要に強くピクセルを発光させることがなくなります。「一般>アクセシビリティ>ディスプレイ調整」から設定が可能です。

明るさの自動調整

この画面の「焼き付き」が発生したという情報は今のところ大きな話題にはなっていません。おそらく起きていないのでしょう。ひとたび発生したら大ニュースになるはずです。過度に心配せず、もし発生してしまったら落ち着いて、紹介した解決方法を試してみてください。

参考URL:iMore

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー