パスワード共有ボタン

【iOS11】自宅のWi-Fiパスワードを友達のiPhoneに送る方法

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

iOS11ではiPhone、iPad、MacでWi-Fiのパスワードを共有できるようになりました。例えば、友達を家に招いた際に、Wi-Fiのパスワードを話して伝えることなく共有できます。外出先でiPhoneに繋がっている公共Wi-FiのパスワードをMacBookに送ることもできます。

パスワードを共有してもらう方法

まずは参加させたい人のiPhoneを接続待ちの状態にします。前提条件として、Wi-FiとBluetoothがオンになっていて、Bluetoothが待機している状態にする必要があります。難しそうですが、コントロールセンターでこのようになっていればOKです。

コントロールセンター

まず「設定」アプリの「Wi-Fi」をタップします。

Wi-Fiをタップ

そして、自宅のネットワークをタップします。ここはどのネットワークなのか伝える必要があります。

ネットワークをタップ

するとこのような画面になります。

共有待ち

iPhoneをこのWi-Fiネットワークに接続していて、連絡先にあなたを含むiPhone、iPad、またはMacの近くに持っていくと、このネットワークへ接続することができます。

つまり、友達のiPhoneを自宅のネットワークに接続させるには、連絡先にその友達のiPhoneが登録されている必要があります。通常、友達であれば連絡先に登録されているでしょう。これで準備は完了です。

スポンサーリンク

パスワードを共有する方法

送信する側もWi-FIとBluetoothがオンになっている必要があります。この状態です。

コントロールセンター

そして両方のiPhoneを近くに持っていけばいいのですが、検証では「近く」がどの程度なのかわからず、なかなか共有できませんでした。しかし、もっと簡単にきっかけを作る方法がありました。それは送信する側を一度ロックして、ロックを解除すること。するとこのようになります。

パスワード共有ボタン

そして「パスワードを共有」ボタンをタップすると、共有が完了します。

共有完了

Macbookへ共有する場合

今回の検証ではMacbook AirでHigh Sierraベータ版を使用しています。参考までに、Mac側で共有待ちにするにはWi-Fiをオンにして、接続したいSSIDを選択して接続待ちにする。あとは一緒の作業になります。連絡先は自分自身なので問題ありませんでした。

Macbookの場合

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー