新しく安い「iPad」登場!使い道はPhotoshop代替?デュアルディスプレイ?

2018年3月28日、Appleは新しい廉価版のiPadを発表しました。プロセッサがバージョンアップされ、最大の変更点は「Apple Pencil」に対応したことです。価格は前バージョンと同じ金額でApple Pencil対応。せっかくの安いiPad、その使い道をご紹介します。

スポンサーリンク

新しく安いiPadのスペックは?

新iPadは以下のようなスペックになっています。

  • 価格:37,800円〜
  • プロセッサ:A10 Fusion
  • ストレージ:32GB、128GB
  • ディスプレイ:2,048×1,536 Retina
  • Apple Pencil対応

プロセッサがA9チップからA10 Fusionにアップグレードされました。そして「Apple Pencil」に対応したことが最大の変更点でしょう。Apple Pencilは10,800円となっていますが、その高精度な設計は良い評価を得ています。

スポンサーリンク

新しいiPadをPhotoshopの代わりとして使う

写真加工などのレタッチには「Photoshop」が業界標準アプリとして広く使われていますが、iPad Pro発表時のデモンストレーションで使われた「Affinity Photo」はそれに匹敵するほどの強力なレタッチが可能なアプリです。

最大の魅力はiPadで使えることと、「2,400円」という価格。Photoshopのサブスクリプションが1ヶ月980円、1年プランで11,760円であることを考えると、いかに安いかがわかると思います。

ボケ写真

背景にある余計なものを消すことができることはもちろん、この例のように1眼レフで撮ったような美しいボケエフェクトも可能です。詳しくはこちらの記事を参照いただければと思います。これを直感的に「Apple Pencil」で編集できるとなれば、PCを超える操作性になるでしょう。

新しいiPadをサブディスプレイとして使う

筆者は記事を書く際、サブディスプレイを使っています。サブに資料を表示しながらメインで執筆すると、その環境が手放せなくなるほど便利です。そのサブディスプレイ環境をiPadを使って構築することができます。安いiPad用に「無料」で使うことを考えてご紹介しましょう。

Windowsの場合

Elinasoftテクノロジーズがリリースしているディスプレイソフト「GoodDual Display」が第一候補になってきます。PC用のホストアプリを公式サイトからインストールし、iPadにはAppStoreからインストールします。接続にはUSBケーブルを使います。

ディスプレイイメージ

無料版の場合は広告が表示され、5分経つと画面が消えてしまいます。再度USBをさし直すか、アプリを再起動すれば、また表示することができます。これでもなんとか使えますが、120円という安価なアプリですので、気に入れば購入してしまうのもいいでしょう。

Macの場合

GoodDual DisPlayにはMac版もありますが、Mac用に紹介するのは「Yam Display」。同様に公式サイトからホストプログラムをMacにインストールし、AppleストアからiPadアプリをインストールします。

Yam メニュー

Mac用にこれを紹介したのは、広告が表示されないこと。そして無料版の制限時間は7分となっていますが、「後で」をクリックすると再度使えるようになることが理由です。たまにデュアルディスプレイ環境が欲しいのであれば、充分と言えるかもしれません。

後でをタップ

価格はそのままで、大きなアップデート

プロセッサがA10 Fusionに対応したことで、画像処理などが50%ほど向上しています。写真処理などには十分でしょう。Apple Pencil対応ということで、絵を描くためにも使えるかもしれませんが、iPad Proほどの書き心地が得られるかは実際に触れてみた方が良いと思われます。

このiPadは教育機関にiPadを普及させようと戦略的に発売されました。学生や教員などは割引価格で購入することができます。しかし、一般ユーザーにも恩恵のあるアップデート。同価格の前バージョンが好調だったことを考えると、iPadの売り上げを大きく伸ばす可能性があります。