APP

「iOS10.3」で今後動かなくなるアプリをチェック!自分のiPhoneをチェックしてみたところ…

AppleはiPhoneの「64bit化」を推し進めています。iPhone5以前に作られた古いアプリは「32bit版iOS」に合わせて作られています。そしてiOS11では完全「64ibt版iOS」となる予定。すると、古いアプリは使えなくなります。自分のiPhoneは大丈夫だろうと思っていたのですが…

スポンサーリンク


筆者のiPhoneのチェック結果

先日リリースされた「iOS10.3」ではApp互換性のチェック機能が追加されています。「設定」→「一般」→「情報」→「App」の項目から確認できます。互換性に問題ない場合は「App」をタップできなくなっているので、大丈夫ということになります。
APP
ここに表示されているのが、「64bit版iOS」に対応していないアプリです。筆者はアプリをあまりインストールしない主義で、「少ないので大丈夫だろう」と思っていたのですが、結果は…。4つもありました。

マナーカメラは音の鳴らないカメラアプリで、犬をびっくりさせないように便利に使っていたのですが…。驚いたのは幅広く普及している「Eye-Fi」アプリが対応していない!これは盲点でした。

スポンサーリンク

「iOS11」のインパクトは思ったよりも大きそう

iOS11で完全「64bit版iOS」化する予定になっています。Appleはできるだけ古い機種でも最新のiOSが使えるようかなり気を使っています。しかし、ハードウェア自体が古いiPhone5/5c/第4世代iPadはどうなるのでしょうか。
https://twitter.com/zmclearan/status/846884375904079872
iOS10.3.2のベータ版では、iPhone5/5c/第4世代iPadをサポートする表示がありません。Appleからのアナウンスは今のところないのですが、このままいくと、この3機種はiOS11にアップデートできない可能性があります。

スポンサーリンク

なぜ「64bit版iOS」が必要なのか

iPhoneはメモリ(RAM)やストレージ(例:64Gモデル)など、これからどんどんと拡張されていくでしょう。32bit版iOSだと、メモリは3GBプラスちょっとの容量しか活用できません。iPhone7 Plusがメモリ3GBという分析があるので、これ以上の拡張性がなくなってしまいます。そこで64bit版iOSが必要になってくるのです。

いずれにしても今後使えなくなる可能性のあるアプリをチェックしておいた方がよいでしょう。筆者も代わりのアプリを探すことにします。