HomePodと重要なバグに対応した「iOS11.2.5」リリース!

Apple

HomePodと重要なバグに対応した「iOS11.2.5」リリース!

投稿日: コメント (0)


Appleは「iOS11.2.5」をリリースしました。これには特定のメッセージを受け取るとアプリがフリーズしてしまうというバグの修正が含まれています。またHomePodに対応したと明記され、特にコントロールセンターが新しくなったようです。

スポンサーリンク

特定のメッセージでフリーズするバグ

クラッシュ画面

このバグは開発者が発見し、実際にメッセージアプリをフリーズさせるURLが公開されていました。今、そのURLはなくなっていますが、過去に公開されていたことを考えると危険な状況にあると言えます。このバグに関してiOS11.2.5で修正されました。

HomePodに対応したコントロールセンター

HomePodへの対応とは、設定の際にApple ID、Apple Music、Siri、Wi-fiの設定が自動で転送される機能です。それに加え、iPhone側のコントロールセンター「ミュージック」が新しくなりました。矢印で示している「ミュージック」パネルを長押し、または3Dタッチすると新たなパネルが開きます。

ミュージックパネル

そして右上に表示されている「AirPlay」ボタンをタップします。

ミュージック詳細

すると、AirPlayで接続できる機器が表示され、選択するとその続きを聴くことができます。HomePodもこのAirPlayに対応しているでしょう。

AirPlay一覧

下の画像のように別のAppleデバイスで音楽が再生されている場合は、もうひとつ別のパネルで表示されるようになりました。もしHomePodで音楽を再生しているのであれば、ここに表示されると思われます。

Apple TV表示

脆弱性の修正が含まれる重要なアップデート

このアップデートには「Siri News」と呼ばれる機能も含まれ、英語圏でのみ使えるようになっています。おそらく日本で使えるのもそう遠くないでしょう。

iOS11.2.2では重大な脆弱性「Spectre」に対応し、このiOS11.2.5ではメッセージの脆弱性にも対応しています。特別な理由がなければアップデートが推奨されます。

-Apple -, , ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加