Siri画面

【パブリックベータ4】iOS11.4とMacBookでメッセージ on iCloudを使ってみる

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円台!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

本日、iOS11.4とmacOS10.13.5のパブリックベータ4がリリースされました。今回のアップデートの大きな変更点は、「メッセージ on iCloud」と 「AirPlay2」になっています。iCloudを通してデバイス間でメッセージを同期できるようになったので使ってみます。

iPhoneとMacBookで「メッセージ」を共有

「Message on iCloud」日本での呼称はまだわかりませんが、iCloudにメッセージを保管することによって、全てのAppleデバイスでメッセージを共有できるようになりました。正常に使えるのか検証してみます。まずは自分自身にメッセージを送った状態です。左のiPhone、右のMacBook共にメッセージが表示されています。

メッセージ送信

ここから「MacBook側で」メッセージを削除してみます。

メッセージの削除

すると、全てのデバイスからメッセージが消去されるためアラートが表示されます。「削除」をクリックします。

アラート

メッセージがiCloudから削除され、左のiPhone、右のMacBookと同時にメッセージが消去されました。

メッセージ削除

このように「Message on iCloud」は正常に機能しているようです。

スポンサーリンク

AirPlay2をSiriがサポート

パブリックベータ3では様々な検証が行われ、SiriがAirPlay2に対応していることがわかりました。9to5Macが検証しています。例えば、Siriに「Apple TVでYouTubeを再生して」と頼みます。

Siri画面

するとYouTubeの再生画面が表示されます。

Apple TV画面

着々と開発が進むiOS11.4

このように外見としては大きな変化はないものの、機能が着々と実装されています。まだ残っている機能としてHomePodのステレオペアリングがありますが、日本では検証することができません。今回のパブリックベータ4で実装されているのか追加の情報を待つところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー