iOS11のリリース

iOS11.4.1はなぜリリースされるのか?iOS11.4の大きなバグが明らかに!

現在、iOS11.4.1のパブリックベータテストが行われています。先日、WWDCでiOS12が発表され現在ベータテスト中。なぜまだ、iOS11.4のバージョンアップが必要なのか。その理由は複数のバグにあります。

スポンサーリンク

iOS11.4に残る「カメラ」の大きなバグ

カメラのブラックアウト

世界の注目は既に「iOS12」に向けられています。しかし、iOS11.4.1のアップデートも並行して行われている状況。この理由には、iOS11.4が様々なカメラの誤動作を引き起こすバグが残っていることが挙げられます。

https://twitter.com/nslemmer/status/1006361167789318144

このユーザーの動画を観ると、明らかに不具合と言えるカメラの動作がみられます。このようなカメラの不具合は他にもTwitterなどで訴えられていて、iPhone 6sやiPhone 7など広範囲の機種に及び、その症状も様々なようです。

iOS11.4に残る「バッテリー」の大きなバグ

そしてバッテリーに関するバグもあります。

私のiPhone 6はiOS11.4にアップデートするまでは正常に動作していました。しかし(アップデートしてから)全く使っていなくても非常に速くバッテリーが消耗していきます。前は丸1日充電せずに済みましたが、今はだいたい半日くらいです。

このようにAppleのサポートフォーラムへ投稿がありました。この問題はiPhoneの機種に関係なくほとんどすべての機種で報告されているようです。

iOS11.4は秋まで使われることになる

iOS11のリリース以来、Appleは不具合の対応に追われてきました。iOS11.4では新機能を先延ばししてまで安定化に力を入れたところ。しかしまだ多くの不具合が残っているようです。秋にiOS12がリリースされるまではiOS11のバージョンを使わなければなりません。

そのため現在、iOS11.4.1の開発が進められています。これで大きなバグが取り除かれると良いのですが、まだ予断を許さない状況です。

参考URL:Cult of Mac, Cult of Mac

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー