Apple ID画面

「iOS11はダサすぎる…」デザインの違和感が一部で話題に。

ついに正式リリースとなった「iOS11」多数の機能追加を含む大幅なアップデートとなりました。しかし一部で「ダサすぎる」と話題になっています。いったいどういうことなのでしょうか。

スポンサーリンク

原因は「タイポグラフィー」

このことはデザイナーのライアン・ラオ氏がベータテスター中に発見したものです。それは英語版によるものですが、ここでは日本語版についてみてみましょう。タイポグラフィーとは、文字を美しく読みやすくする技術のこと。美しいとはどういうことか、みていただけると思います。

まずは、「メモ」アプリと「メール」アプリをみてみましょう。タイトルの始まりのマージンに統一性がありません。「メモ」ではかなり狭く設定されているのに対し、メールは広く設定されています。

統一性のなさ

さらにメールボックスの文字をみてみましょう。タイトル文字間の調整カーニングがされていません。簡単にカーニングしてみたものが右になります。どちらが「美しい」でしょうか。

カーニング

その他のアプリでもデザインの問題が

例えば「天気」アプリですが、こうして中心線を引いてみると、「23°」という位置がずれて見えませんか?

天気アプリ

ラオ氏は「iOS10」との比較画像で指摘しています。

iOS10との比較

同じく「iOS10」との比較で、「Apple ID」の一貫性のなさも指摘しています。

Apple ID画面

どうした?アップル!?

アップルはその美しいカリグラフィーやタイポグラフィーを導入したことで、パソコンのデザインという新たな価値を生み出しました。Windowsと比べてみると、通常使っているフォントから美しさがあります。

それが「iOS11」になっていきなりどうしたのでしょうか。次期のアップデートで改善されるのか。Apple信者はそう信じたいところでしょう。

参考URL:hackernoon

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー