iOS10.0.3がリリース!意外な修正と細かな修正

Apple

iOS10.0.3がリリース!意外な修正と細かな修正

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

iOS10.0.3がリリースされました。細かなバグの修正リリースになっていますが、意外なバグ修正も含まれています。どのようなバグが修正されたのか、検証した範囲でお伝えします。

スポンサーリンク

非純正の部品に対するバグ修正

リリースノートにはこのように書かれています。

リリースノート

一部のiPhone 7/7 Plusで動作しなかったオーディオフィードバックおよび触覚フィードバックの修正がされています。

また意外なことにApple純正部品ではない部品で修理されなかったために、iPhone 6sで画面タッチができなくなっていたことに対応されました。影響が大きすぎたためだと思われますが、リリースノートでは純正の修理を受けるように推奨されています。

その他の細かな修正

天気アプリのウィジェットが正常な気温の表示がされるように修正されています。

天気ウィジェット

「Safari」の下部に「よく閲覧するサイト」という項目があり、これを長押しすると削除できるのですが、できなくなっていました。これが正常に削除できるようになっています。

サイトの削除

「Twitter」アプリの右上、「ツイート作成」ボタンが反応しづらくなっていましたが、改善されています。同日にTwitterの方でも修正リリースがされていますが、この検証はTwitterアプリそのままで、検証し、改善されたことを確認しています。

ツイートボタン

バッテリー消費問題については変わらず

Bluetooth設定

Bluetoothがオンになっているのに通知上ではオフになっている問題については修正されていません。これは現在ベータテスト中のiOS11.1でも修正されていないということで、アップルのポリシーの問題になってきています。ユーザーとしては改善してほしい問題だと思われます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

3Dモデルへ

3DCGを手書きできるApple「ARKit」の潜在能力

Appleが「ARKit」拡張現実アプリの開発キットをデベロッパー向けに公開してから、様々なアプリの試作品か公開されました。今回、公開されたのは3Dの物体を手書きできるペイントアプリ。ソースコードの解 …

次期iPhoneのTouch IDはディスプレイに統合されると、チップメーカーが認めた!

先日、次期iPhoneの噂はTouch IDの位置の問題がほぼ全てであるところをお伝えしたばかりですが、Appleのチップセット供給先であるTSMC社が「Touch IDはディスプレイに統合される」と …

録画インジケーター

「iOS11」パブリックベータ4がリリース。変更点は?

本日、iOS11のパブリックベータ4がリリースされました。ここまでくると小規模な変更になってきています。その変更点を動画も交えてご紹介します。 iOS11がインストールされたiPhoneが約半数に!i …

ARボタン

「ARKit」のすごさを体験するにはこれ「Sketchfab」

iOS11で大きなトピックの一つとして、「ARKit」があげられると思います。3Dの物体をAR(拡張現実)の技術を利用して、現実の世界に登場させる。今回紹介する「Sketchfab」は3D版インスタグ …

ポケモンGOのプレイ画面

「WWDC 2017」でiPhoneの新機能「AR(拡張現実)」を発表。Appleの本気度をみた!!

AppleはiPhoneやiPadの次期OSである「iOS11」に新たな開発環境「ARKit」を提供すると発表しました。iOS11は数億のiPhoneやiPadで動く「世界最大のARプラットフォーム」 …