新「iPad Pro」登場!もうiPad ProがあればPhotoshopは要らないんじゃない!?

Apple

新「iPad Pro」登場!もうiPad ProがあればPhotoshopは要らないんじゃない!?

投稿日: コメント (0)


WWDC2017で新しい「iPad Pro」が発表されました。詳細は他へゆずるとして、筆者が驚いたのは「iPad Proでここまでできるのか?」というデモンストレーションの内容です。Photoshopが要らないのではないかと思わせるようなデモをご紹介します。

スポンサーリンク

「iPad Pro」とアプリの組み合わせ

デモンストレーションではポスターの作成が行われました。まずは、波をワープ機能で作り、爆煙をレイヤーで重ねます。

爆煙の合成

次に光源を自由に動かしてライトを当てます。

光源の設定

驚いたのはこの後です。ジャックスパロウの背景をマスクし、髪の毛の境界線を「Apple Pecil」でなぞります。

髪の毛をマスク

そして、境界線を確定させると、髪の毛の一本一本まで切り抜きがされます。

髪の毛の切り抜き

この髪の毛の切り抜きは、以前Photoshopユーザーがよく苦心する部分だったのですが、最近になって「境界線調整ブラシツール」という機能で実現できるようになりました。それでも手間がかかります。しかし、デモではほんの数秒でできてしまったのです。

これはiPad Proのスペックが高いことも大きいですが、アプリの発展も大きいでしょう。おそらくデモで使われていたのは「AFFINITY PHOTO」(3,600円)です。Photoshopの全ての機能はないでしょうが、ポスター制作程度の加工なら充分に使えるレベル。そして出来上がったポスターがこちら。

完成したポスター

このポスターが数分のうちにできてしまいました。もちろん、デモンストレーションのために練習されたはずですが、ライブ会場であっという間に出来上がったのです。

「iPad」の再発明

iPadは「タブレット端末」という分野を作り出しました。しかし、現在ではWindows10がタブレットで動作し、iPadの売り上げは減少しています。今回のデモでは、マルチタスキングやドラッグ&ドロップ、さらには「Files」でファイルを管理するなど、ほとんどMacと言っていいような「iOS11」の機能追加が紹介されました。

以前のiPadは「iPhone以上、Mac未満」といった中間を埋めるようなポジションでしたが、そうではなく一つの「新しいデバイス」として押し出していこうという姿勢がみえます。これが市場に受け入れられるかどうかは試されるところですが、デモをみた限り、全く新しい体験ができそうです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, , ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

iPhone バッテリー

「古いiPhoneが遅くなる」にAppleが正式対応!全部解説!

Appleはバッテリーが古くなったiPhone 6//6s/SE/7シリーズに「意図的に遅くなる」処理を適用していました。これはユーザーには知らされずに適用されたもので、それが発覚してからは訴訟問題に …

HomePodsイメージ

Apple「HomePods」の輸送が始まっている!?

Taipei Timesが報じたところによると、Apple製品の製造を請け負っているサプライヤーからHomePodの輸送が始まったようです。その数は100万台という限定的なものですが、昨年末から延期さ …

iPhone Xバナー

iPhone Xって実は「売れて」ない!?

iPhone Xが期待したようには売れていない。そのようにみえるデータが集まってきました。10周年記念モデルとして期待の高かったiPhone X。しかし、発売当初に入手困難になってしまったことと、値段 …

Apple Watchがひとりの母親とその子供を救った話

Apple Watchは常に身につけておくと、メッセージを受けたり、電話を受けたり、生活が便利になります。しかし、その「常に身につけておく」Apple Watchが命を救ってくれることがあります。これ …

4歳の子供がiPhoneのSiriに相談した結果、緊急電話に通報。母親の命を救うことに。

イギリスでニュースとなった出来事。4歳の子供が呼吸をしていない母親を救おうと、iPhoneのロックを母親の指紋を使ってロック解除。Siriに相談して緊急電話に連絡し、母親の命を救ったことが話題となって …