iPhone 6/6sの画面割れが1,000円で直せる?実際にやってみた。

Apple

iPhone 6/6sの画面割れが1,000円で直せる?実際にやってみた。

投稿日: コメント (0)


メルカリを探索していたところ、iPhone 6と6sの「画面割れ本体」が飛ぶように売れていることに気づきました。おそらく修理して転売しているものだと推測。検索してみると、なんと1,000円で画面割れが修理できるという情報が。これはやってみるしかないでしょう。

スポンサーリンク

まずはパネルを注文

パネル画像

これがその「パネル」です。600円ほどで売られていました。注意しないといけないのが、前面の「パネル」だけということ。液晶デイスプレイやタッチセンサーがついていないものです。

割れたiPhone

そしてこれが、液晶の割れた「iPhone 6s」。落としてしまってガラスが割れたものの、そのまま使っている人を見かけます。Appleの正規店で、保証なし修理が17,800円します。これが1,000円で済むというのなら夢のような話。では早速、修理してみましょう。

残念なお知らせ

先に修理の結果をみていただきましょう。こちらです。

破れたディスプレイ

はい。大失敗です。iPhone 6sのディスプレイは3D Touchを検出する「デジタイザ」と表面のパネルが接着剤で圧着されています。これを温めつつ、少しづつ剥がしていくのですが、この力加減が難しすぎます。デジタイザはフィルムになっていますが、これが破れてしまいました。

ちょっとずつ剥がしていくものの、最後になるとテコの原理でビリっと……。実はこれ、2枚目の挑戦です。練習用のパネルでうまくいかなかったものの、面倒になって本番でやってみたらこのありさまです。もはや、電源を入れても画面が点灯しません。果たしてiPhone 6sの行方は……!

交換パネルを買ってきた

画面がつかないと検証機としてさえ使えません。どうしようもない……。そういうわけで、交換用のパネルを購入。いろいろな中国メーカーが作っていて、3,000円ちょっとで買えます。では、結果をみていただきましょう。

Welcome画面

いかがでしょうか。このような美しいWelcome画面をみたことがあるでしょうか。いや、ない。ここまでテンションが上がるのも、交換に2時間ほどかかっています。個人的には手先は器用な方だと思うのですが、初めてなのでコツがわかりませんでした。あと、ネジが1本足りないです。どこへ行ったのか。

この作業を、専用ツールを使っているとはいえ、毎日組み立てている工場の方には頭が上がりません。それくらい細かい作業でした。しかし!Touch IDも3D Touchも動作する液晶ディスプレイが帰ってきました!

はっきり言っておすすめしない

1,000円で画面割れを修理できる。そんな出だしで始まったものの、1,000円ではまず無理です。何枚もパネルを犠牲にして、かなり練習をしてすればできるようになるでしょう。はっきり言っておすすめできません。

3,000円ちょっとかけて自分で修理するのも、あまりおすすめはできません。今回はうまくいきましたが、筆者は昔、パソコンを自分で組み立てたりと、下地があってのこと。それでも完璧にはできませんでした。

メルカリでは「自分で修理したら失敗しました」というiPhoneが売られています。それを買うユーザーがいて、修理されて、また売られていく。どこかアンダーグラウンドのような世界。自分で修理する費用対効果、時間のことを考えても、お金を貯めて修理をお願いした方が良いでしょう。

-Apple -, ,

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加