次期「iPhone 8」にはApple MusicとiCloudがついてくる!?

Apple

次期「iPhone 8」にはApple MusicとiCloudがついてくる!?

投稿日: コメント (0)


iPhone8バンドルバナー

高価になり過ぎるのではないかと噂されている「iPhone 8」。Appleはその問題を解決する方法を採用するかもしれないと、Barclaysのアナリストチームが発表しました。それはApple Music(1年間)と200GBのiCloud容量をセットにして販売するというものです。

スポンサーリンク

「iPhone 8」は高すぎる?

プレミアムなiPhoneとして開発された「iPhone 8」もしくは「iPhone X」は64GBのモデルが999ドル(約11万円)と言われています。それは様々なチップやセンサーの価格から導き出されたものですが、最上位の512GBモデルは1,199ドル(約13万円)とも噂されています。

「こんな高すぎる価格をつけてこない」とあるアナリストは分析していましたが、Barclaysのアナリストはその解決策として、1年間のApple Musicと200GBのiCloud Driveをバンドルして販売するのではないかという分析を行いました。

1年間のApple Musicは9,800円、iCloudの200GBプランが月1,300円(年間15,600円)、最初の1年のトータルコストと考えると、iPhone 8の64GBモデルが実質約94,000円と10万円を切ってきます。バランスとしては良い価格です。

「iPhone 8」が高すぎる理由

次期「iPhone 8」は3Dセンサーによる高速で安全な顔認証、ワイヤレス充電、そして何よりも前面全体がOLEDディスプレイになると新機能が多く含まれます。このTrue Toneディスプレイとも呼ばれるOLEDパネルはサムソンが独占して生産しており、それが価格に跳ね返っているという分析があります。

大いに「あり得る」予想

筆者がこれを聞いたときは、「それはいい手だ」と感じました。iPhone 8のコスト自体を下げることはできません。しかし、Apple MusiicとiCloud Driveをセットにするのであれば、Appleとしては追加投資の必要がないですし、好調なサービス部門の売上を考えても、この案の影響は軽微でしょう。

おそらく、ほとんどのiPhone 8購入者は高くても買うでしょう。しかし「高すぎる」ということになると、今後のiPhoneブランドにも関わってきます。発表は9月12日。価格も気になるところですが、発売が遅れるという噂が大きくなっています。とにかく、9月12日には全てがわかるでしょう。

参考URL:MacRumors

-Apple -

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加