歩数計

もしスマートフォンがiPhoneなら、20%ほど多く歩いているかも?

歩数計

MobaGateでは、iPhoneの歩数計でどのくらい歩いたのか確認する方法をお伝えしましたが、これは21.5%少なく測定されている。そのような研究結果を英国コロンビア大学が発表しています。なぜこれほど、少なくなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

iPhoneに搭載された歩数計の精度

最初の実験はトレッドミル、いわゆるウォーキングマシンを使って行われました。iPhoneが理想的な状態、腰に固定された状態で歩数を計測するとともに、実際にカウンターでカウントした結果を比較しています。

これによると、早足で歩くと約5%がカウントされないという結果に。これは専用の歩数計でも同様と言えるようです。そして、遅く歩いた場合、iPhoneは歩数を9.4%がカウントされないことがわかりました。

日常で使う場合の測定

次に、実際の生活において、iPhoneがどれくらい正確に歩数をカウントしているか、実験が行われました。その結果は21.5%がカウントされていないという結果。平均して1日に1,340歩ほどのカウントミスがありました。

このうち9.4%ほどは、遅く歩いている場合のカウントミスです。残りの12.1%はどこにいったのか。それは、トイレに行く時や、水を飲むためにキッチンへ行く際にiPhoneを持っていかないことが原因です。歩数の測定が目的でない限り、そのような場合にはiPhoneを置いていくでしょう。

この実験において、全ての場合に少なくカウントされ、多くカウントされたことはありませんでした。これは悪いニュースではありません。そう述べるのは、この実験を行った英国コロンビア大学のマーク・ダンカン氏。

歩数をチェックしている人にとって、例えば1日に10,000歩だったとすれば、それより多く歩いていることになります。より健康的な生活の方向に向いていると捉えていいでしょう。健康の観点からすると、過大評価よりも過小評価の方が良いのです。

iPhoneで気軽に歩数測定

健康のためには「1日1万歩」歩くことが良いとされています。正確な歩数を計測するために歩数計を買うよりも、少なくカウントしてしまいますが、気軽なiPhoneで歩数をチェックしてみてはいかがでしょうか。この方法でチェックが可能です。

参考URL:9to5Mac

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー