iPhone SE2がもうすぐ製造開始との情報!発売は5〜6月?

Apple

iPhone SE2がもうすぐ製造開始との情報!発売は5〜6月?

投稿日: コメント (0)


台湾のDigiTimesが「Appleは4つの次期iPhoneを開発中」と題してレポートを発表しました。そのうちの3つはiPhone Xの後継機種で、著名アナリストが既に予測をしているものです。残る1つは「iPhone SE2」とみられ、各メディアはこの情報をどう分析しているか紹介します。

スポンサーリンク

台湾DigiTimesの情報とは?

製造イメージ

DigiTimesはこのように報道しています。

エントリーモデルの市場に対して、Appleは2018年にiPhone SEに似た新しい安価なスマートフォンを用意している。それはワイヤレス充電に対応しているが、3Dセンサーには対応しない。このスマートフォンは第2四半期に量産が開始され、5月〜6月に発売される。

この報道に対し、他のメディアはどのような反応を示しているのでしょうか。

米MacRumorsの反応

台湾に拠点を持つDigiTimesは、Appleの製品計画のリークで数々の実績がある。部品製造の上流工程にある情報源は、過去の実績から信頼性が高いと言える。しかし、アナリストの予測となると判断は難しい。

新型のエントリーモデルについて具体的には言及していないが、4インチの背面ガラス「iPhone SE2」のこれまでの予測を裏付けるものだ。ただし、これまでの予測では輸送開始が第2四半期ではなく、第1四半期というものだった。

該当記事:‘iPhone SE 2’ With Wireless Charging Said to Launch in May or June

米AppleInsiderの反応

「3Dセンサー」が何をさしているのか不明だ。それが今はない3D Touchをさしているかもしれないし、Face IDに使われているTrueDepthのシステムをさしている場合もある。

生産開始が第2四半期という表現も不明確だ。DigiTimesは主にカレンダー・クォーターを使うが、そうなると4月に生産を開始するため、5月には発売できない。ただし、Appleの会計年度の第2四半期をさしているのであれば、3月後半には生産開始される可能性はある。

DigiTimesは個々の部品メーカーからの納品予定に関する正確な情報を持っている。しかし、新しく設立されたリサーチ部門の実績は不十分だ。

該当記事:‘iPhone SE 2’ production rumored to begin soon, ship in May or June

総合的にみると「iPhone SE2」は動き始めている?

アメリカのApple情報大手サイトの見方をそのまま紹介しましたが、共通するのは「リサーチ部門のレポート」であることに懐疑的になっています。しかし、大方の予測としては外れておらず、全く信用のおけないものでもないようです。

部品供給いわゆるサプライチェーンの情報に強いDigiTimesが報道に踏み切ったということは、製造に向けた動きが始まっているとは言えるでしょう。発売時期が5〜6月という予測は参考程度にとどまりそうです。

-Apple -

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加