検証結果からみるiPhone Xを最も速く充電する方法

Apple

検証結果からみるiPhone Xを最も速く充電する方法

投稿日: コメント (0)


米MacRumorsがiPhone Xに様々な充電器を接続し、測定した検証結果を公開しています。それを元に、iPhone Xを最も速く充電する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

まずはiPhone Xの充電検証結果

検証はiPhone Xにいろいろな種類の充電アダプタを接続して行われました。接続された充電アダプタは以下の通りです。

5W Wirelessアダプタ(Choetech製)
5W Apple純正iPhoneアダプタ
7.5W Wirelessアダプタ(Appleから購入したBelkin製)
12W Apple純正iPadアダプタ
USB-C アダプタ(18W以上)

検証結果1

まず、5Wで充電すると、ワイヤレス、純正アダプタ共に60分で40%程度充電できます。7.5Wのワイヤレスアダプタで充電すると、60分で46%充電されました。12WのiPadアダプタで充電すると60分で72%。18W以上のUSB-Cアダプタで充電すると60分で79%です。

当然とも言えますが、より電力の大きなアダプタで充電すると速く充電できます。Apple純正のiPhone充電器ではかなり遅いことが残念です。7.5Wのワイヤレス充電にはiOS11.2で対応となりました。

電力の大きいUSB-Cアダプタを使えばいいのか?

検証結果2

この図は18W以上のUSB-Cアダプタで充電した結果です。29W USB-CはAppleから購入することができ、値段は5,200円となっています。

これをみると、18W以上の電力で充電しても速くはならない結果となっています。これはiPhone Xをアダプタに接続した際、iPhone Xとアダプタの間で最大電流が決定され、18W以上の電力では充電されないことを意味しています。

有線充電ならUSB-Cアダプタを使うと速い

単純にUSBと言っても流せる電力が仕様化されており、USB-C対応のアダプタを使う必要があります。また使うケーブルが悪いと電力損失が大きすぎ18W以下での充電となってしまうため、ある程度の値段のケーブルを用意するといいでしょう。

USB-Cアダプタで18W以上であれば、Ankerなど有名メーカーから安い商品がたくさん出ています。もしもApple純正の方が安心というのであれば、先ほど紹介したApple 29W USB-Cアダプタを使うのがいいでしょう。正式にiPhone Xおよび8に対応しており、バッテリーに負荷のかからない設計になっています。

参考URL:MacRumors

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

no image

未来のMVをiPhoneで観ると?「Take On Me」のMVをARKitでリメイク。

最近ではメジャーアーティストのMV(ミュージックビデオ)は、Youtubeですぐに公開され、プロモーションに使われています。そんなMVですが、80年代の大ヒット曲「Take On Me」のMVをApp …

iPhoneイメージ

iPhoneに「脱獄」の穴が!?急遽iOSの配信を停止!!

Appleは先週にiOS11.2.5をリリースしました。通常であれば、その以前のiOS11.2、iOS11.2.1、iOS11.2.2は引き続きダウングレードなどのために利用できるのですが、配信を急遽 …

2.5D

次期iPhoneは曲面ディスプレイではなく、2.5Dと呼ばれるなめらかな画面になる?

次期iPhoneのリーク情報を次々と出てきています。MacRumorsによると、次期iPhoneはSamsungのGalaxy S7 edgeのような典型的な曲面ディスプレイにはならないだろうと言われ …

ポケモンGOのプレイ画面

「WWDC 2017」でiPhoneの新機能「AR(拡張現実)」を発表。Appleの本気度をみた!!

AppleはiPhoneやiPadの次期OSである「iOS11」に新たな開発環境「ARKit」を提供すると発表しました。iOS11は数億のiPhoneやiPadで動く「世界最大のARプラットフォーム」 …

ひねる動きに追従する様子

ARで表示された物体を直接「手」で操作する!

AppleがiOS11で実装する「ARkit」とモーショントラッキングデバイス「LeapMotion」を組み合わせて、ARで表示された物体を手で操作するデモが公開されました。ARの物体を直接操作できる …