バッテリーの交換

iPhone Xのフロントパネルは修理できるが、バックパネルは…

毎回、新型iPhoneが発売されるとすぐに分解してしまうiFixit。今回もiPhone Xを分解して修理のしやすさを評価しました。10点満点中の6点の評価をしています。新型iPhoneにしては高いポイント。なぜこの評価になったのでしょうか。

スポンサーリンク

ディスプレイとバッテリー

iPhone修理で重要になってくるのは、ディスプレイの修理とバッテリーの交換です。そこを重点的にみていきます。

バッテリーの交換

iPhone Xはこのようにサイドからアクセスする構造になっています。バッテリーは2セルに分かれたL字型の構造をしていて、2,716mAhの容量があり、iPhone 8 Plusより少し多い容量になっています。これは演算用ボードが8 Plusに比べて70%の大きさにまで小さくなっているからです。防水設計のため難しい修理にはなるものの、比較的バッテリーの交換はしやすいのではないでしょうか。

フロントパネル

これはフロントパネルのX線写真の画像です。少々配線が複雑になっているために修理には手間と費用がかかるだろうと評価しています。しかし、最も重要Face ID部品を外さなくても交換可能なため、修理のしやすさが10点満点中の6点となっているようです。

ちなみにバックパネルは…

バックパネル

背面のガラスはエッジの曲線やカメラの曲線に至るまで慎重に溶接されていて、剥がすためには少しずつ削るように剥がしていかないといけません。割れた背面ガラスをキレイにするような方法はないとのコメントがあります。

iPhone Xの背面ガラスを破損すると修理に最大6万円程度かかる可能性があります。背面ガラスを外部の業者が修理するのは難しいでしょう。もしものためにAppleCare+に入っておくのは、良い選択肢と言えそうです。

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー