iPhoneの保証サービスの加入は必須レベル?新型iPhoneの購入を検討している方へ

先日Appleから「iPhone XS」と「iPhone XS Max」が発売され、今月末には「iPhone XR」が発売されます。

これら3種類の新型iPhoneの価格は従来のiPhoneと比べるとかなり高価です。

iPhone XS Max512GBとなると18万円ほどで、廉価版であるiPhone XRですら10万円前後の価格となってしまい、気軽に購入できるような価格ではありません。購入したとしても、落として壊してしまい、修理費がかかってしまうなんてこともあります。iPhone XSは従来のiPhoneと比べると約2倍の修理費がかかってしまいます。

せっかく新型iPhoneを買ったのに落としてしまって画面が割れてしまった。修理するにも修理費が高くてできない。といった事態に陥らないためにも、保証サービスに加入することをおすすめします。

数ある保証サービスの中でも特に「Apple Care+」がおすすめです。

 

Apple Care+とは

Apple Care+とは、Appleが行っている保証サービスで、安価でiPhoneの修理が可能になります。

加入料金は14800円からとなっており、少し高いと感じるかもしれません。ですが、月々の支払いが可能で、24回払いの場合、月々の支払いは616円からなので負担に感じることはありません。

サポート内容は2年間の製品保証、Appleのテクニカルサポートが受けられる、修理料金が2回まで安くなるといったものです。

未加入の場合、製品保証は1年間、電話サポートは90日間となっています。

 

修理費用の違い

iPhone XSの画面が破損してしまい、修理に出す場合、Apple Care+に加入していると3400円、未加入だと31800円と、高額な修理費がかかってしまいます。

このように、Apple Care+に加入、未加入では約10倍の金額の差があります。

新型iPhoneを長く使うには

今回のiPhone XSやiPhone XR以降のモデルはさらに高価になっていくと予想されています。したがって、これから先、保証サービスに加入することはほぼ必須レベルになっていきます。

このように、最新モデルのiPhoneをできるだけ長く使うためには、本体の性能や容量、見た目だけではなく、保証サービスについてもよく考えて購入することが大切となってきます。