iPhone SEイメージ

iPhone SE2は今年前半に発売されない!?その理由とは?

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円台!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

iPhone SEイメージ

つい先日、台湾のDigiTimesが「Appleは4つの次期iPhoneを開発中」と題したレポートを発表しました。その中で、iPhone SEの後継機種は今年の5月〜6月だと予測しています。しかし、iPhoneの確度の高い予測で定評のあるアナリストがこれを真っ向から否定しました。

iPhone SE2は今年前半に発売されない?

台湾DigiTimesはiPhone SE2について、「今年の第2四半期に量産が開始され、5月〜6月に発売される」とのレポートを発表しました。しかしアメリカの大手メディアはこれに懐疑的な見方を示しています。台湾DigiTimesは部品製造のリークに定評があるものの、リサーチ部門は実績が足りないからです。

そして、これまでiPhoneの予測で数多くの実績をあげているKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、台湾DigiTimesの予測に大きな疑念を抱いています。それは発売時期だけではなく、iPhone SE2のスペックも含めての疑念です。

スポンサーリンク

なぜ今年前半に発売されないのか

ミンチー・クオ氏は「Appleはそのリソースを複雑なiPhone Xの開発と発売に集中した。これはiPhone SE2の開発に(リソースを使う)可能性を低くしている。」と考えています。

iPhone SE2はiOSの次期バージョンiOS12をスムーズに動かすために若干プロセッサをアップグレードし、より安いコンポーネントが使われる。そのiPhone SE2を「今年の下半期」に発売する。これが純粋な推論(purely on speculation)で起こり得ることだとしています。

ニュアンスがわかりにくいところですが、Appleのリソース、つまり開発にかけられる人員やコストのことを考慮すると「発売されるなら今年の下半期」だというところでしょう。

さらに残念な予測も……

DigiTimesはiPhone SE2に「ワイヤレス充電」が搭載されるとレポートしています。しかしこれも、クオ氏は否定しました。そして「フォームファクタの変更はない」としています。つまりは全面ディスプレイもなく、Face IDもないとのこと。

クオ氏は、AppleがiPhone SE2にかけられるリソースはほとんどないと考えています。2017年はiPhone 8/8+/Xと3モデルが発売されました。そしてクオ氏は2018年にiPhone Xの廉価版を含む3つのモデルが出ると予測しています。

これまでiPhoneは無印とPlusの2モデルでした。2年連続3つのモデルとなると相当リソースが厳しいようです。したがってこのような予測になるのでしょう。部品製造の動きに敏感なDigiTimesが動向をキャッチしたものの、クオ氏つまりKGI証券の予測に合わない。

iPhone X発売前の予測やリークはかなり正確で、発表の際にはサプライズがあまりありませんでした。しかし、今までにない機種であるiPhone Xが発売されたことで、Appleの意図が読みにくくなってしまっているようです。

参考URL:9to5Mac

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー