ARで表示された物体を直接「手」で操作する!

Apple

ARで表示された物体を直接「手」で操作する!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

AppleがiOS11で実装する「ARkit」とモーショントラッキングデバイス「LeapMotion」を組み合わせて、ARで表示された物体を手で操作するデモが公開されました。ARの物体を直接操作できる体験がゲームに応用されると面白そうです。

スポンサーリンク

iPhoneで表示されたARの物体を手で操作

このデモではiPhoneで表示されたARと、モーショントラッキングセンサーの「LeapMotion」を接続したMacbookを使用しています。Macbookでモーショントラッキングを実施、それをiPhoneに送信して、ARと統合しています。

手に追従する様子

手の上部の空間にARの物体が浮いています。手を動かすとその動きに追従して、物体も動きます。

ひねる動きに追従する様子

手をひねると物体も回転します。

手を離した様子

手を画面の外へ素早く動かすと、物体はそのまま空中に浮いたままになります。開発者Arthur Schiller氏が作成した短いデモを観ていただくと、そのダイレクトな反応がよくわかります。

まずはゲームへの応用か

これはデモのためにMacbookとトラッキングセンサーが必要になっていますが、ゲームへの応用であれば、ここまで手のトラッキングを厳密にする必要がないでしょう。iPhoneのARとカメラだけで実現される可能性があります。

例えば、ポケモンGOではARを使っているものの、モンスターボールを投げる際は画面のスワイプを必要とします。これがAR空間のボールを直接つかんで投げられるわけです。この体験は今までにはない感覚ではないでしょうか。

ARkitに統合される可能性も

Appleには3Dセンサーを使って奥行き情報を取得する特許があります。これがiPhoneに実装され、ARkitにも統合されれば、より高度なAR体験をできるようになるでしょう。本当にそのような実装がされるかはわからないものの、ワクワクするようなAR体験待っている。そんな予感がします。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

押収された部品

非正規のiPhone修理業者が逮捕される。非正規修理にかかるリスクとは…?

産経Westによると京都市下京区の携帯電話修理会社の社長ら四人を逮捕したと京都府警からの発表がありました。容疑は偽のアップルロゴがかかれたiPhoneバッテリーや、充電器を所持していた疑い。非正規にi …

パスワード共有ボタン

【iOS11】自宅のWi-Fiパスワードを友達のiPhoneに送る方法

iOS11ではiPhone、iPad、MacでWi-Fiのパスワードを共有できるようになりました。例えば、友達を家に招いた際に、Wi-Fiのパスワードを話して伝えることなく共有できます。外出先でiPh …

Siriバナー

ユーザーのSiri離れ…賢くなっていくSiriの行方は?

アプリ調査会社のVelto社はレポートで、最もよく使われている音声人工知能アシスタント「Siri」の利用者が減っているとの結果を発表しました。秋にリリースされるiOS11ではSiriの声はもっと自然に …

完成したポスター

新「iPad Pro」登場!もうiPad ProがあればPhotoshopは要らないんじゃない!?

WWDC2017で新しい「iPad Pro」が発表されました。詳細は他へゆずるとして、筆者が驚いたのは「iPad Proでここまでできるのか?」というデモンストレーションの内容です。Photoshop …

「iOS11」パブリックベータ7のリリースは細かいけどうれしい!

9月に正式リリースされると言われている「iOS11」のパブリックベータ7がリリースされました。かなり細かな調整段階に入っていますが、うれしい変更点もまだまだあります。少し検証した結果をお伝えします。 …