ARで表示された物体を直接「手」で操作する!

Apple

ARで表示された物体を直接「手」で操作する!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

AppleがiOS11で実装する「ARkit」とモーショントラッキングデバイス「LeapMotion」を組み合わせて、ARで表示された物体を手で操作するデモが公開されました。ARの物体を直接操作できる体験がゲームに応用されると面白そうです。

スポンサーリンク

iPhoneで表示されたARの物体を手で操作

このデモではiPhoneで表示されたARと、モーショントラッキングセンサーの「LeapMotion」を接続したMacbookを使用しています。Macbookでモーショントラッキングを実施、それをiPhoneに送信して、ARと統合しています。

手に追従する様子

手の上部の空間にARの物体が浮いています。手を動かすとその動きに追従して、物体も動きます。

ひねる動きに追従する様子

手をひねると物体も回転します。

手を離した様子

手を画面の外へ素早く動かすと、物体はそのまま空中に浮いたままになります。開発者Arthur Schiller氏が作成した短いデモを観ていただくと、そのダイレクトな反応がよくわかります。

まずはゲームへの応用か

これはデモのためにMacbookとトラッキングセンサーが必要になっていますが、ゲームへの応用であれば、ここまで手のトラッキングを厳密にする必要がないでしょう。iPhoneのARとカメラだけで実現される可能性があります。

例えば、ポケモンGOではARを使っているものの、モンスターボールを投げる際は画面のスワイプを必要とします。これがAR空間のボールを直接つかんで投げられるわけです。この体験は今までにはない感覚ではないでしょうか。

ARkitに統合される可能性も

Appleには3Dセンサーを使って奥行き情報を取得する特許があります。これがiPhoneに実装され、ARkitにも統合されれば、より高度なAR体験をできるようになるでしょう。本当にそのような実装がされるかはわからないものの、ワクワクするようなAR体験待っている。そんな予感がします。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

truetone

2017年に発売される3種類のiPhoneは「True Tone」ディスプレイを搭載する?

バークレイ投資銀行によると、2017年に発売されるiPhone 7s/7 Plus/8は「True Tone」ディスプレイを搭載するとの予測がたてられました。これは現行の「iPad Pro」に搭載され …

「iOS11」パブリックベータ9で擬似長時間露光!

「iOS11」のパブリックベータ9がリリースされました。正式リリースは9月12日とみられていますが、アナウンスされていた機能がベータ版にて次々と実装されています。今回は「擬似長時間露光」などをご紹介し …

Apple Watch対応アプリが次々とサポート終了。Bluetoothの呪縛から逃れられるか?

GoogleマップやAmazonアプリなど、人気のアプリがApple Watchのサポートをしないようになりました。特にアナウンスはなく、ひっそりと対応しなくなっています。これには原因があるのではない …

「iOS11」パブリックベータ5がリリース!細かな改良も!

本日、iOS11のパブリックベータ5がリリースされました。ベータ4の時もそうでしたが、リリース時期も近づき、細かな改良がなされています。 iOS11.2パブリックベータ版リリース!変換がまともに!iO …

iOS11.1正式版リリース!バッテリー消費改善に期待!

Appleは現地時間10月31日にiOS11.1の正式版をリリースしました。これには様々なバグ修正のほか、重要なセキュリティアップデートも含まれています。また、先日お伝えしたように、このアップデートに …