iOS12で使える「Siriショートカット」使ってみるとこんな感じ!!

現在ベータテスト中の「iOS12」では「Siriショートカット」という機能が追加されます。これはSiriによく行う動作を登録して、Siriに実行してもらう機能ですが、デベロッパーズベータ2の現在はこのように使うことができます。

スポンサーリンク

iOS12でSiriにショートカットを割り当てる

設定メニューの「Siriと検索」に「ショートカット」という項目が追加されています。

ショートカットメニュー

あらかじめよく使う動作が一覧で並んでいます。この中から「MobaGate」を選択します。これには「Safariを起動して」「MobaGateのURLを入力し」「ページに移動する」という一連の動作のショートカットになっています。

キーフレーズ画面

そして「キーフレーズ」を決めます。「モバゲイトを開いて」というキーフレーズを録音しました。

キーフレーズの聞き取り

しかしうまく聞き取ってくれなかったので、「編集」をタップします。

キーフレーズの調整

そして「モバゲイトを開いて」という表現に直します。

スポンサーリンク

Siriにショートカットをお願いする!

これで「Siriショートカット」の設定ができました。Siriに「モバゲイトを開いて」とお願いする場面をキャプチャしました。8秒ほどの動画になっています。

iOS12デベロッパーズベータ2のため、モバイルSafariが開くのに時間がかかっていますが、ちゃんと表示されます。

徐々に進むiOS12ベータ版の開発

iOS12はまだデベロッパーズベータの段階で、バッテリーの消費が多かったり、モバイルSafariの挙動が安定しなかったりと開発途中の段階ですが、開発は確実に進んでいます。今月中にはパブリックベータテストが始まると言われています。どれほど改善されるか開発が楽しみな状況です。