Twitterを開いたらいきなりパスワード変更画面!?何が起きたのか

Apple

Twitterを開いたらいきなりパスワード変更画面!?何が起きたのか

投稿日: コメント (0)


Twitterを使おうとしてアプリを開く、もしくはWebにアクセスするとパスワード変更をうながす画面が表示されるようになりました。これは一度きりの表示になりますが、いったいどういう意味があるのでしょうか。少し解説をします。

スポンサーリンク

Twitterを開いたら「アカウントを安全に保ちましょう」?

Twitterのパスワードは通常、「ハッシュ」という処理を行い、保存されています。これはTwitter内部の人間でもパスワードを見ることができない、見ても意味のない文字列にマスクする処理です。しかしこのシステムにバグが見つかりました。

アナウンス画面

それはTwitterのシステム内部の「ログファイル」に「ハッシュ処理がされていない」パスワードが記録されていたというもの。このバグが発見されたため「ログファイル」のパスワードは削除されました。このログファイルが悪用された形跡はなく、流出もしていないと説明されています。

ユーザーには念のためパスワードを変更してもらいたいというアナウンスになります。
(※説明のために正確な表現ではなく、わかりやすい表現にしています)

Twitterのパスワードを変更する必要はあるの?

特別な理由がない限り、パスワードは変更した方がいいでしょう。修正前のログファイルが流出する可能性はないと言えません。広く使われているTwitterのアカウントは、悪用する側にとって利用価値のあるものです。

連携アプリ

Twitterは「連携アプリ」として、他のサービスのログインなどに使われることがあります。もし、Twitterのパスワードが悪用されてしまうと、他のサービスにも影響があるでしょう。

先日、Instagramの乗っ取り被害を記事にしたところ、大きな反響がありました。まだまだパスワードの使い回しをして、乗っ取りの被害を受けるユーザーは多いようです。これを機会にTwitterだけでも変更しておくとセキュリティが強固になります。

-Apple -,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加