iPhoneがフリーズするバグ!来週のアップデートで修正予定!

セキュリティ

iPhoneがフリーズするバグ!来週のアップデートで修正予定!

投稿日: コメント (0)


iPhoneやMacで特定のメッセージを受け取るとアプリがフリーズするバグがみつかりました。これは既にそのメッセージが送られてくるURLが拡散されていて危険な状況です。これに向けてAppleは来週に予定されているiOS11.2.5アップデートで対応するとアナウンスしました。

スポンサーリンク

特定のメッセージを受け取るとフリーズ

これはiOSで動いているデバイスおよびMacで発生するバグです。Twitterでそのバグは公開されていて、悪用するとURLのリンクを開くだけでiPhoneなどのデバイスがフリーズします。これはメッセージをプレビューしてしまうことが原因で、発見された今は危険な状態にあります。

メッセージを受け取ったユーザーはメッセージアプリがフリーズしてしまい、この状態から回復するためには受け取ったメッセージの会話全体を削除する必要があります。

クラッシュ画面

このバグについて、MacRumorsはAppleより「来週に予定されているiOS11.2.5およびMacOS10.13.3で修正される」とのアナウンスを受けました。

不審なURLのリンクは開かない

以前、特定のUnicode文字を受け取るとiPhoneがフリーズしてしまうというバグがみつかり、LINEを通して拡散されることによって大きな問題になりました。今回のバグも同様に拡散される可能性があります。

現時点で取れる対策としては不審なURLを開かないこと。いたずらでURLが送られてくる可能性もあるため、来週に予定されているiOS11.2.5のアップデートを行うまでは注意しておく必要があるでしょう。不審なURLを開かない。これは基本的なことですが重要なセキュリティ対策です。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-セキュリティ
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

バナー画像

iOS10.3.3で修正された脆弱性が判明。早急なバージョンアップを。

iOS10.3.3がリリースされましたが、このセキュリティアップデートではWi-fi関連の深刻な脆弱性が修正されていることがわかりました。iOS10.3.1も同じような理由でリリースされましたが、Br …

偽装サイト

Appleをかたった詐欺メールに注意!偽装サイトが偽物とは思えない

Twitterで詐欺メールが話題になっています。メールにほとんど違和感がないばかりか、IDとパスワードを盗み出そうとする偽装サイトが本物と見分けがつかないレベルに偽装されています。どのようなものかご紹 …

被害女性

iPhoneを使った「デジタル痴漢」に注意!

ニューヨークでiPhoneを使った「デジタル痴漢」が流行しています。この方法は2015年には初めて発覚した方法。デジタル痴漢?いったいどんなものなのか、防ぐにはどのようにした方がいいのか、お伝えします …

Snap Pic Collage

Androidに感染する広告ウィルス。一度インストールしてしまうと削除できない…!

Android端末は通常、Google Playからアプリをインストールします。しかし、その中にもウィルスが紛れ込んでいることがわかりました。今回のものは「広告ウィルス」。インストールしてしまうとホー …

キーロガー

Androidに脆弱性「Cloak and Dagger」が発見されるも、解決は設計上困難……!

Androidアプリではインストール時に「どのような権限を与えるか」アプリを制限することができます。しかし、正当な権限を組み合わせることで、全権限を奪われてしまうという脆弱性が発見されました。これは設 …