Appleをかたった詐欺メールに注意!偽装サイトが偽物とは思えない

セキュリティ

Appleをかたった詐欺メールに注意!偽装サイトが偽物とは思えない

投稿日:2017年7月28日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

Twitterで詐欺メールが話題になっています。メールにほとんど違和感がないばかりか、IDとパスワードを盗み出そうとする偽装サイトが本物と見分けがつかないレベルに偽装されています。どのようなものかご紹介します。

スポンサーリンク

偽装メールの内容

これはTwitterユーザーの「@yukes_bukatsu」さんが注意喚起のためツイートをしてくれたものです。

メールの内容はこのようになっています。

詐欺メール

差出人は「Apple」となっておりメールアドレスの「@ar-apleid.com」の部分に注意する必要があるでしょう。メールの内容はシンプルでAppleからいかにも送られてきそうなメールになっています。そして、偽装サイトへのリンクが貼られています。

偽装サイトの完成度

そして偽装サイトはこのようになっています。パッと見ただけでは偽装とはわからないでしょう。日本語に違和感があるので、それでわかるかもしれません。もっとも重要なことは「URL」がAppleではないことです。

偽装サイト

これはAppleのサイト、ほとんど違いがないことがわかります。URLの証明書が「Apple Inc.」であることから本物と判断できます。

アップルのサイト

アドレスをしっかりと確認する

この詐欺メールからは「日本の詐欺メールもここまできたか」という印象を受けます。今まではパッと見ただけで偽装とわかるものがほとんどでしたが、これはわからないかもしません。

差出人のアドレスが「@ar-apleid.com」と、アップルでないと判別することが重要です。パソコンであれば、メールに貼られているリンクにマウスカーソルを合わせてみて、アップルのサイトではないことからも確認できるでしょう。最後に、証明書がアップルでないことを確認する。

しかし、ここまで来ると難しいかもしれません。Appleが推奨する「2ファクタ認証(2段階認証)」https://support.apple.com/ja-jp/HT204915 を設定しておくことが最も安全を守る手段となります。万が一、IDとパスワードを盗まれても、2段階目の認証を突破できなくなるからです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-セキュリティ
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「楽天」を装う不審なメールに警視庁が注意喚起

2017年11月6日ごろより、楽天を装った不審なメールが配信されているようです。タイトルは「[楽天]会員情報変更のお知らせ」というもので、中にはURLが記載されています。楽天は公式ページにて情報開示す …

キーロガー

Androidに脆弱性「Cloak and Dagger」が発見されるも、解決は設計上困難……!

Androidアプリではインストール時に「どのような権限を与えるか」アプリを制限することができます。しかし、正当な権限を組み合わせることで、全権限を奪われてしまうという脆弱性が発見されました。これは設 …

スタート画面

LINEで「サイバー防災訓練」実施中。ちょっと乗っ取られてみた。

LINEの乗っ取りが一時期流行し、電子マネーを購入させられるなどの被害が頻発しました。そのようなLINE乗っ取りを疑似体験する「サイバー防災訓練」が実施中です。人によってストーリーが変わる訓練になって …

Snap Pic Collage

Androidに感染する広告ウィルス。一度インストールしてしまうと削除できない…!

Android端末は通常、Google Playからアプリをインストールします。しかし、その中にもウィルスが紛れ込んでいることがわかりました。今回のものは「広告ウィルス」。インストールしてしまうとホー …

被害女性

iPhoneを使った「デジタル痴漢」に注意!

ニューヨークでiPhoneを使った「デジタル痴漢」が流行しています。この方法は2015年には初めて発覚した方法。デジタル痴漢?いったいどんなものなのか、防ぐにはどのようにした方がいいのか、お伝えします …