偽の警告メッセージ

あなたのMacは感染していませんか!その警告は危険なメッセージです!

700万ダウンロード突破!3 vs 3リアルタイムバトル対戦ゲーム

近年、Macを狙ったウィルス、広義で言うところの「マルウェア」が急速に増えています。以前はMacはウィルスに感染しないから安全と言われてきましたが、その時代は終わりました。これからはMacにもウィルス対策が必要です。

スポンサーリンク


急拡大をみせる「Macがウイルスに感染している」偽の警告

筆者は仕事上、少々あやしいページを検索したりします。先日はゲームの「チート」が話題になっていたので、チートするツールの取材をしていました。その次の日のことです。いきなり画面にこのような警告が表示されました。

偽の警告メッセージ

これは偽の警告メッセージです。OSの種類、国、IPアドレスが表示されており、システムからの警告を装っています。しかし、これは簡単にわかる情報であり、Safariでアクセスすればわかる情報です。

「あなたのMacはウイルスに感染していませんか?」と不安をあおることで、ウイルスをダウンロードさせてインストールさせようとしているのです。試しにこの警告通りにダウンロードして、ダウンローした偽のウイルス対策アプリを「VirusTotal」で確認したところ、やはりウイルスそのものでした。
VirusTotal画面

スポンサーリンク

偽のウイルス感染警告が出た場合はどうしたらいい?

これまではあやしいリンクをクリックすると偽の警告が出るという、比較的わかりやすい騙し方だったのですが、今回筆者に起きた偽の警告は、あやしいリンクをクリックした次の日に偽の警告が出ました。

これはMacのSafariに「履歴」が残っているためです。このままの状態だとまたいつ、偽の警告が表示されるかわかりません。偽のウイルス感染警告が出た場合はSafarの「履歴」メニューから「履歴の消去」を選択します。
履歴メニュー
そして「全ての履歴」を選択して「履歴を消去」をクリックします。
履歴を消去
これで応急処置は完了です。しかし、時代はもう「Macは安全」ではなくなっています。

Macにウイルス対策アプリを導入する時代

MacはWindowsに比べると、システムが堅牢にできています。しかし絶対安全なシステムはありません。Macの利用者は急激に増えています。それに合わせてMacのウイルスも急拡大しています。もうMacにもウイルス対策アプリを導入するべき時代です。

先ほど、応急処置の説明をしましたが、他の種類の攻撃であれば対処方法が変わります。もうそれらはウイルス対策アプリでチェックした方が良いでしょう。ウイルスの種類ごとにチェック項目が違うので手に負えません。

Windowsのウイルス対策で定評のある「ノートン」と「ウイルスバスター」はMac用のウイルス対策アプリも用意しています。このふたつはWindowsの実績から考えて信頼していいでしょう。

この記事を読んでいるということは、ウイルス感染の危険にさらされたからだと思います。すぐにでも「ノートン」が「ウイルスバスター」どちらか導入することをお勧めします。またいつ危険にさらされるかわかりません。

ノートン セキュリティ 月額89円/台より
ウイルスバスター クラウドでセキュリティ対策!