FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙!

Sim

FREETELが中古iPhone6sを新品より4万円高い「10万円」で売る暴挙!

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

FREETELはApple認定整備済みのiPhone6sを限定300台で販売し始めました。月額3,199円で10分電話かけ放題の「スマートコミコミ+」プランとなっています。しかし、ホームページには、いったい「iPhone6s」が何円なのかは記載がありません。サポートに問い合わせたところ…

スポンサーリンク

iPhone6sが「10万円」

今回の「iPhone6s」について、途中で解約しても違約金は発生しないとのことでした。しかし、端末の購入代金の残金を一括請求するとのこと。そこで、いくらか問い合わせると…
代金問い合わせ結果

「10万4,400円」。しかも、ホームページからは月々の端末支払いがいくらかわかりませんので、その残金の計算もよくわかりません。おそらく、「スマートコミコミ+」小さな説明書きに書いてあるのでしょう。FREETELがいつも使う手口です。

ちなみにAppleの正規品を見てみましょう。
iPhone料金
「6万1,800円」です。4万円以上のお金はどこから出てくるのでしょうか。しかも、今回はこの10万4,400円という数字の記載がありません。法律違反の可能性もあるのではないかと思われます。

加えてキャンペーンも

今回は2017年7月31日までに申し込むと10,000円キャッシュバックのキャンペーンが行われています。ということは、ユーザーが無駄に払う金額は3万円ということに?「撒き餌」が大規模に行われている印象です。

この売り方がいつまで許されるのか

この実質上の「縛り」はいつもFREETELが行う手口ではあります。しかし、6万円のiPhone6sを10万円で売るのはどうなのでしょうか。いつまで許されるのでしょうか。救いがあるとすれば、他の格安スマホ会社がこの手口を使っていないことです。しかし、他社が追随するようなことがあれば、格安スマホユーザーが損害を被ることになるでしょう。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Sim
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

data1

スマートフォンに払う月額料金は平均どれくらい?キャリアと格安SIMの違いが浮き彫りに。

昨年から大きな盛り上がりを見せている格安SIM。安くするために乗り換えるという動機が格安SIMユーザーのほとんどでしょう。実際どれくらい安くなっているのでしょうか。MMD研究所が「2017年携帯電話の …

b-mobile-sバナー

ソフトバンク版iPadがb-mobileで再利用できるかも?

大手キャリアの2台目割引などで、iPadを購入したユーザーは多いかもしれません。それが今、格安SIMを使うことで、キャリアのデータ用回線を解約しても安く利用できるようになる。それは、ドコモ版とau版だ …

b-mobile sバナー

「b-mobile s」ソフトバンクiPhone用プランの詳細発表!!

8月16日から提供開始されると発表されていた日本通信の「b-mobile s」。スマホ電話SIMとして、その料金が発表されました。ソフトバンクのiPhoneのまま唯一使える格安SIMということで注目が …

data

格安SIMの単独店舗が増加中。わかりにくいと言われるサービスからの脱却ができるか。

格安SIMは大手キャリアから回線を安く借り受け、人件費も削って安く提供するというビジネスモデルが一般的です。しかし、従来の携帯ショップのように相談ができないという不満が増えつつあります(参考記事)。そ …

am

今なら「LINEモバイル」か?実行速度の測定結果から格安SIMを分析。

格安SIMはかなりの事業者が参入しており、何を基準に選べばいいのかわからない状態。大手キャリアの電波を使っているため「最大150Mbps」とは書かれていますが、そんなに出ないことはわかっている話。どれ …